Hazel 2.3.8 [Mac]

HazelSometimes Newton’s Law of Inertia is just as applicable to the digital world as to the physical. All too often our files sit around never to be filed. Downloads and other sundry files pile up never to leave. Fortunately, an uncluttered desktop can be a reality.

Meet Hazel, your personal housekeeper.

設定したルールに従って、登録したフォルダ内のファイルを移動するなどの処理をおこなう環境設定パネルです。

Download : Noodlesoft

ダブルクリックして『Hazel』をインストールすると、サンプルのルールを読み込むか尋ねてきます。
screenshot

サンプルのルールは「ダウンロード」フォルダのファイルを整理するものになっています。
screenshot

ダブルクリックするとルールを編集できます。例えば「Movies」は「ダウンロード」フォルダに動画ファイルが入った時に、青のラベルをつけて「ムービー」フォルダにファイルを移動する設定になっています。
screenshot

ルールの横にあるボックスにチェックを入れると、即座に設定した条件にしたがって処理をおこないます。もちろん、左側の「Folder」欄に整理するファイルが入っているフォルダを登録して、自分でルールを設定することも可能です。
screenshot

ファイル名、拡張子、種類、追加日/作成日/変更日などを条件に設定し、ファイルの移動だけでなく、圧縮/展開、指定した条件での並べ替え、AppleScript/Automator/シェルスクリプトの実行など、用途に合わせてさまざまな処理をおこなうことができます。
screenshot
一度ルールを設定しておけば、バックグラウンドで「HazelHelper」がフォルダを監視し、ルールに従って処理をおこないます。

初期設定ではオフになっていますが、ゴミ箱の監視機能もあり、ゴミ箱に捨てて一定期間経過したファイルを自動的に削除することも可能です。
screenshot

「Enable App Sweep」にチェックを入れると、不要になったアプリケーションをゴミ箱に入れた時に、自動的に関連ファイルを検出し、ゴミ箱に移動することができます。
screenshotscreenshot

$21.95のシェアウェアで、14日間の試用期間があります。システム要件は、Mac OS X 10.4 Tiger 以降となっています。

Download : Noodlesoft
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] Hazel 2.3.8 [Mac] | life with i 設定したルールに従って登録したフォルダ内のファイルを移動するなどの処理をおこなう環境設定パネルです。 …試用期間が終わったので、ライセンスを購入しました。 ライセンスのファイルをダウンロードして、ダブルクリックすると適用されるはずでしたが、できません(´・ω・`)ダウンロードし直したり、公式サイトから再度発行の手続きを取ったり、Hazel自体を再インストールしてみたり…ハマってしまいました。散々悩んだ挙げ句、ダウンロードしたファイル「hazellicense」に「.hazellicense」という拡張子を付けてみたら、あっさり解決。 […]