Warp 1.2.2 [Mac]

WarpSpaces でキーボードを使わずにスペース間の移動を可能にする環境設定パネル(フリーウェア Universal)

What’s New

  • Fixed caps lock preventing Warp from activating.
  • Warp no longer activates when in a fullscreen application such as a game.

ひさしぶりの紹介です。Spaces の操作をより直感的におこなえるようにる環境設定パネル、『Warp』がアップデート。

下のようにアプリケーションを操作スペースに配置しているとします。
screenshot

ダブルクリックで『Warp』をインストールして有効にすると、キーボードを使わなくてもスクリーンの端にポインタ(赤丸)を移動させるだけで、
screenshot

その方向にある隣の操作スペースに切り替わります。
screenshot

ファイルをドラッグしたまま操作スペースを切り替え、
screenshot

そのスペースにあるアプリケーションにドロップすることも可能です。
screenshot

マウスで操作している時に意図せず操作スペースが切り替わらないように、修飾キーと組み合わせた場合にのみスペースを切り替えるようにもできます。
screenshot

オプションの「スクリーンショットをクリックしてWarpする」にチェックを入れると、スクリーンの端にポインタを持っていった時に隣のスペースのプレビューを表示し、クリックしてスペースを切り替えられます。
screenshot

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする