Play It 2.3 [iPhone] [iPad] – iPhone 5 の4インチディスプレイに最適化、マルチタッチジェスチャーを活かしたミュージックプレーヤー

Play Itマルチタッチジェスチャーを活かしたミュージックプレーヤー iPhone / iPad アプリーション

What’s New

  • iOS 6 Support
  • Optimized for the new iPhone 5
  • Updated design
  • Improved fullscreen mode
  • Sharing via Facebook
  • Slide your finger up or down to adjust the scrub rate.
  • New icon
  • More themes
  • Improved podcasts and audiobooks sections
  • A new option to quickly play a album
  • Bug fixes

マルチジェスチャーを活かしたクールなミュージックプレーヤーアプリケーション、『Play It』が新しいアイコンになってアップデート。

iPhone 5 / 第5世代 iPod touch の4インチディスプレイにも最適化されています。
screenshot

Download : Play It (App Store)
サポート : Jeroen van Rijn (iosplayit)

ホーム画面右上のアイコンをタップすると、ミュージックライブラリの楽曲をシャッフル再生。もちろん、楽曲/アルバム/アーティスト/プレイリストを選択して、再生することもできます。
screenshot

プレーヤー画面では、アートワーク以外の部分をタップして、再生/一時停止。左右にスワイプすると前後の楽曲に切替り、
screenshot

上下にスワイプすると音量を調節できます。アートワークをダブルタップして、フルスクリーンモードに切り替えることも可能。2本指で左にスワイプすると、曲ファイルのタグに埋め込んでいる歌詞を表示します。
screenshot
Mac で曲ファイルに歌詞を埋め込むのには、『Lyrics Master』や Dashboard ウィジェットの『TunesTEXT』を用いると便利です。

プレーヤー画面を2本指でタップすると、SNS に再生中の楽曲情報をアートワーク画像とともに投稿できます。iOS 6 では、Twitter に加え、Facebook にも投稿可能です。
screenshot

画面の右半分をホールドすると早送り、左半分をホールドすると巻戻すことができますが、上下にスワイプすると速度の調節できるようになりました。
screenshotscreenshot

アートワークをタップすると前の画面に戻り、2本指で右にスワイプするとホーム画面に戻ります。プレーヤー画面以外では、左にスワイプして、ミュージックライブラリの楽曲を検索も可能です。
screenshot

また、ホーム画面ではアートワークをダブルタップすると、再生中のアルバムの楽曲リストを表示し、曲を切り替えることができます。
screenshot
「Option」→「Settins」で設定画面を開き、テーマを変更することも可能です。
screenshot

iPad にも対応しているユニバーサルアプリケーションです。iCloud に対応しており、テーマなどの設定内容を、ほかのデバイスと同期することができます。
screenshot

※本バージョンは、前バージョンからアップデートすると、環境によってはプレーヤー画面でクラッシュする不具合があります。端末から削除し、再インストールすることで解消しますが、不安な方は次のバージョンがリリースされるまでアップデートをお控えください。

Download : Play It (App Store)
サポート : Jeroen van Rijn (iosplayit)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする