Fantastical 1.0 [iPhone] 〜 ピッカーなどを使わなくてもテキストを入力するだけで時間/場所を設定したイベントを素早く追加できる

FantasticalFantastical is the fastest and friendliest calendar app. Just type in "Lunch with John in Cupertino on Friday" and Fantastical will schedule it! If your device supports dictation* you can also speak the details for your event and Fantastical will handle the rest. Best of all, the beautiful interface makes using your calendar fun and easy.

Fantastical』は、Mac で人気の同名メニューバーカレンダーアプリケーションの iPhone 版です。

iPhone 版の『Fantastical』は、iOS 標準のカレンダーと連動するカレンダーアプリケーションで、Mac 版と同様に素早くイベントを追加できる仕様になっています。

Fantastical』を起動すると、「DayTicker」画面になり、上部に日付を、その下にイベントリストを表示します。日付とリストのいずれかをスクロールすると、連動して前後のイベントを確認できます。
screenshot

日付の部分をプルダウンすると検索フィールドを表示し、タイトル/場所/予定出席者からイベントを検索可能です。
screenshot

「DayTicker」画面ではイベントが登録されている日付しか表示しませんが、さらにプルダウンするとカレンダー画面に切り替わり、選択した日のイベント一覧を見ることができます。もう一度プルダウンすると、「DayTicker」画面に戻ります。
screenshot

イベントを追加するには、画面右上の「+」アイコンをタップ。

タイトルを入力後、ピッカーなどを使わなくても「12/4」のように日付を入力するだけでイベントの日付を設定可能です。
screenshot

時刻を設定したい場合には、「10-11」のように入力します。「at」の後に場所を入力すると、イベントの場所として認識されます。
screenshot

「Add」ボタンをタップすると、デフォルトのカレンダーに設定した内容でイベントが追加されます。繰り返しのイベントにしたい場合には、「every + 日にち」「every + (英語の)曜日」のように入力します。
screenshot
「Show Details」をタップして、iOS 標準のイベント追加画面に似た画面でイベントを作成することも可能です。

Mac 版はこちら。

Download : Fantastical (Mac App Store)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする