Desktop Calendar Plus 1.2.10 [Mac] – イベントのポップアップ表示に対応、デスクトップピクチャに溶け込むカレンダー

Desktop Calendar PlusMac で使用しているデスクトップピクチャに溶け込むように月間カレンダーを表示するアプリケーション

What’s New (v.1.2.9)

  • [新機能] 予定が表示しきれない場合に、ポップアップウインドウを表示出来るようになりました。 (ワードラップしている予定、その他:を2回クリックで表示します)
  • [新機能] 環境設定一般タブの祝祭日項目を削除し、スケジュールタブのカレンダーリスト内で祝祭日のカレンダーをチェックボックスで指定出来るようにしました。(数カ国にわたる祝祭日を表示したいときにも複数表示指定出来ます)

ひさしぶりの紹介です。

Mac のデスクトップピクチャに溶け込む、おしゃれな月間カレンダーアプリケーション『Desktop Calendar Plus』がアップデート。
screenshot

メニューバー(もしくは Dock)の『Desktop Calendar Plus』のアイコンから、前後の月のカレンダーに表示を切り替え可能。
screenshot

環境設定を開くと、カレンダーをドラッグして好きなようにレイアウトでき、メインカレンダーのサイズを変えることもできます。
screenshot

カレンダーのほかに、オプションでデジタル時計の表示も可能です。
screenshot

数種類のプリセットが用意されていますが、「アピアランス」タブでカラー、フォント、線の太さなどを自由にカスタマイズすることができます。
screenshot

純正のカレンダー(旧 iCal)、もしくは Google カレンダーに登録してあるイベントをメインカレンダーに表示することも可能。

v.1.2.9 から環境設定の「一般」タブにあった祝祭日の項目がなくなり、カレンダーリストで祝祭日カレンダーを指定するように変更されています。
screenshot

また、v.1.2.9 からは、カレンダーにイベントが表示しきれない場合にも、ダブルクリックするとポップアップでイベント内容を表示するように改良されています。
screenshotscreenshot