OnyX 3.1.2 [Mac] – アクセス権の検証も可能、定番システムメンテナンスツールの El Capitan 対応版

OnyX定番のシステムメンテナンス&カスタマイズツール

What’s New (v.3.1)

  • New version for El Capitan only

ひさしぶりの紹介です(ひさしぶりすぎて本当にスミマセン)。

Mac のシステムメンテナンスツールの定番、『OnyX』がアップデート。

v.3.1 以降は OS X El Capitan 専用版となります。古い OS を使用している方は、開発元から各専用バージョンをダウンロードしてください。
スクリーンショット

メンテナンス実行前に

利用には管理者パスワードの入力が必要となります。
スクリーンショット

メンテナンスを実行する前に起動ディスクの検証を推奨しています(スキップすることも可能です)。
スクリーンショット

そのほか『OnyX』を使用する前にデータをバックアップしておくことをお勧めします。

手動でアクセス権の検証/修復も可能

OS X El Capitan ではシステムファイルのアクセス権が自動的に保護されるようになり、ディスクユーティリティからも「ディスクのアクセス権を検証/修復」の項目がなくなりました(参考:ディスクユーティリティでディスクのアクセス権を修復する – Apple サポート)。

OnyX』でも当初はアクセス権の検証が省かれていましたが、要望が多かったのか v.3.1.1 で復活。

「メンテナンス」パネルで、ユーザが手動でアクセス権の検証を行うことができます。そのほか起動ディスクの検証/メンテナンススクリプト/さまざまな再構築をおこなえます。
スクリーンショット

「クリーニング」パネルでは、システム、アプリケーションなどのキャッシュや、各種ログファイルの削除が可能。破損ファイルが Mac の動作に及ぼす悪影響を防いだり、ディスク容量を節約することができます。
スクリーンショット

メンテナンス/クリーニングの主要な項目をまとめて実行可能な「自動処理」パネルも用意されています。
スクリーンショット

OS X の隠し機能も引き出せる

メンテナンス以外にも、「各種設定」パネルで、システムや OS X 付属アプリケーションのさまざまな隠し機能を引き出すことができます。

隠し機能については不具合が出る可能性もあるので、そのような場合には「デフォルトに戻す」をクリックしてください。
スクリーンショット

注意点

Gatekeeper 非対応

デベロッパ ID を持たない開発元が作成したアプリケーションをブロックする OS X の機能「Gatekeeper」には対応していないので、「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」→「一般」にある「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」が「すべてのアプリケーションを許可」になっていない場合、『OnyX』を開くことができません。

これを回避するには、Finder でアイコンを選択してコンテクストメニューを表示。メニューの「開く」を選択後に表示されるダイアログで「開く」をクリックすると起動します。
スクリーンショット

一度開いた後は、ほかのアプリケーションと同様にダブルクリックなどで起動できます。

参考:OS X:Gatekeeper について – Apple サポート

アンインストールは「ヘルプ」メニューから

OnyX』をアンインストールする場合にはゴミ箱に捨てるのではなく、「ヘルプ」メニューの「OnyX をアンインストール…」を実行すると、アプリケーション本体とインストール時/使用中に作成した関連ファイルも削除できます。
スクリーンショット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする