Default Folder X 5.0.1 [Mac] 〜 OS X El Capitan 対応、オープン/セーブダイアログで開くフォルダをアプリケーションごとに指定できる

Default Folder Xオープン/セーブダイアログ(シート)を強化するメニューバーアプリケーション

What’s New (v.5.0)

  • Fully compatible with El Capitan (with System Integrity Protection turned on or off).
  • Support for tabbed Finder windows in the Finder-click feature.
  • Default folders that can be applied by file extension as well as by application.
  • Hierarchical menus can now display all folders before files.
  • Tracking of recent files as well as recent folders.
  • An integrated menu in the Finder’s toolbar.
  • Configurable keyboard shortcuts.
  • More information displayed for selected files.
  • File / folder tagging with draggable recent tags.
  • A new drag & drop sidebar for quick access to files and folders.
  • An updated user interface for setting preferences, adding favorites and setting default folders.

ひさしぶりの紹介です(ひさしぶりすぎて本当にスミマセン)。

旧 Mac OS 時代から愛用している、オープン/セーブダイアログ(シート)を強化する『Default Folder X』がアップデート。

Download : Default Folder X

OS X El Capitan に正式対応

新たなセキュリティ技術「システム整合性保護」が OS X El Capitan から導入されたため(参考:Mac のシステム整合性保護について – Apple サポート)、しばらく『Default Folder X』が使えない状態が続いていましたが v.5.0 で正式に対応。

従来の環境設定パネルから、アプリケーションに変更されています。環境設定パネル時代の設定は、v.5.0 に引き継ぐことができます。
スクリーンショット

オープン/セーブダイアログ(シート)で開くデフォルトのフォルダをアプリケーションごとに指定可能(下は「プレビュー」)。
スクリーンショット

オープンダイアログでは、下に表示するパネルで、選択したファイルをプレビューしたり、情報を確認することもできます。
スクリーンショット

右側のメニューで、ダイアログで選択したファイル/フォルダを Finder に表示、リネーム、ゴミ箱に移動、圧縮することも可能です。
スクリーンショット

デフォルトのフォルダのほかにも、よく使うフォルダや、最近使ったフォルダ、最近使った項目を内包するフォルダへ素早く移動することができます。
スクリーンショット

v.5.0 の新機能

Default Folder X』の最新版は El Capitan に対応しただけでなく、新機能も追加されています。

一つはよく使用するフォルダやファイルを登録できるサイドバーです。

ダイアログから「+」アイコンにドラッグ&ドロップで登録でき、登録した項目を開いたり、内包するフォルダをダイアログに表示することができます。
スクリーンショット

また、最新版ではデフォルトのフォルダをアプリケーションごとに指定するだけでなく、保存するファイルの拡張子でも指定できるようになっています。
スクリーンショット

下はプレーンテキストエディタ『CotEditor』のセーブダイアログですが、例えば「html」ファイルを保存する場合には「ブログ用」フォルダ、「txt」ファイルを保存する場合には「原稿」フォルダを開く、といった具合に設定することも可能です。
スクリーンショットスクリーンショット

よく使用するフォルダをショートカットキーで開く

また、よく使用するフォルダにショートカットキーを設定し、Finder やオープン/セーブダイアログで開く機能も備えています。
スクリーンショット

作業環境に応じてフォルダセットを切り替え

デフォルトのフォルダ/よく使うフォルダのセットを複数作成することができ、作業環境に応じて『Default Folder X』のメニューからセットを素早く切り替えられます。
スクリーンショット

30日の試用期間がある $34.95 のシェアウェアです。v.5.0 より前のバージョンからは、$14.95 の有料アップグレードとなります。

Download : Default Folder X
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする