夜フクロウ 2.22 [Mac]

夜フクロウフィルタから抽出タブを作成できる Twitter クライアントアプリケーション(フリーウェア Intel、Leopard 用は Universal)

What’s New

  • ツイート入力フィールドのフォントサイズを指定する設定を追加
  • 公式RTの状態が反映されない場合がある問題を修正
  • ツイート入力フィールドにコメントが入力されている状態でコメント付きRTを行った際の挙動を改善
  • ツイートリスト内のクリック可能エリアの計算を改善
  • ショートカットレコーダーのパフォーマンスを改善
  • ツイートの選択状態に異常が発生する問題を修正
  • URL展開のエラーチェックを強化
  • ユーザータイムラインが取得できない場合がある問題を修正

ひさしぶりの紹介です。

Twitter クライアントアプリケーション、『夜フクロウ』がアップデート。Mac OS X 10.5 Leopard 用には v.1.42 がダウンロードできます。

v.1.39 から、ツールバーの「フィルタ」ボタンが「ビュー」ボタンに名称変更されています。
screenshot

「シングルユーザビュー」に切り替えると、選択したユーザのタイムラインを表示するようになりました(自分がフォローしていないユーザに宛てたツイートも表示されます)。
screenshot

会話ビューも新しくなり、取得済みのツイートに限りますが、会話から派生した別の会話、選択したツイート宛のツイートも抽出して表示するようになりました。
screenshot

会話ビューを有効にした後にもう一度会話ビューを有効にすると、派生した会話を表示しないようにできます。
screenshot

「ツール」メニューの「タブ設定」から、ユーザー ID、キーワード、正規表現を使用して、条件に合致するツイートのみを抽出したオリジナルのタブを作成可能です。下のようにキーワードを設定しておくと、設定した「Mac」「iPhone」「iPad」を含むツイートのみをタイムライン上から抽出するタブができあがります。
screenshotscreenshot
同様に、条件に合致するツイートを表示しないようにする「ブロッキング設定」もあります。

Twitter リストにも対応しており、タブ設定でリストを表示する「Twitterリストタブ」を作成できます。任意のキーワードで Twitter 検索した結果を表示する「Twitter検索タブ」も作成可能です。
screenshot

検索バーを使ったタイムラインの検索機能も備えています。
screenshot

そのほかツイートに含まれるユーザ全員にリプライできる「全員へリプライ」機能や、オートコンプリート機能などの便利な機能もあります(過去の紹介記事もご参照ください)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする