SKRWT 1.4 [iPhone] [iPad] 〜 パースのかかった写真や、レンズによる歪みを簡単に補正できる画像編集アプリケーション

SKRWTBeing photographers and instagram-addicts ourselves, we dreamt of an application that could fix the one thing that still made our photos look like snapshots – distorted lines due to the wide-angle lens in most of today’s mobile phones. so we went and straightened things out.

SKRWT』は、パースのかかった写真やレンズによる歪みを補正できる iPhone / iPad アプリケーションです。

Download : SKRWT (App Store)
サポート : SKRWT

パースのかかった写真を簡単に補正

下のように明らかに傾いている写真も、傾きやパースを補正して、まっすぐ正面から撮影したような画像にできます。

ダイヤルを左右にスクロールするだけでなく、左右端をタップするとダイヤルが1目盛ずつ動き、ダブルタップすると元の状態に戻ります。
スクリーンショット

いずれのツールもピンチアウトで拡大した状態で細部を確認しながら補正することが可能です。
スクリーンショット

また、広角レンズや魚眼レンズなどで撮影した写真の歪みを補正する機能も備えています。
スクリーンショット

デフォルトでは自動クロッピング機能が働き、元画像と同じアスペクト比で切り抜かれるようになっていますが、補正した画像をそのまま保存することも可能。領域を指定して切り取ることもできます。
スクリーンショット

画面右下のアクションボタンをタップして、画像を保存、Instagram などの対応アプリケーションに送信。「SAVE TO GALLERY」の横にある「…」をタップすると、JPEG、PNG、TIFF の中からフォーマットを選択して保存できます。

フォトライブラリから読み込んだ写真に関しては、補正した画像に上書きすることも可能。ただし、『SKRWT』は PNG、TIFF、iOS 10 の RAW のインポートにも対応していますが、すべて JPEG フォーマットで上書きされます。
スクリーンショット

「写真」App の機能拡張としても利用可能

機能拡張にも対応しており、iOS の「写真」アプリケーションで直接『SKRWT』の補正をおこなうことも可能です。
スクリーンショット

「SKRWT」を構成する2つの App 内機能拡張

「SKRWT」は、これ以外にも「MRRW」と「4PNTS」の App 内機能拡張で構成されています。

編集した画像を相互に受け渡せ、App 内課金で購入するまで保存はできないものの、どのような効果が得られるのか試せるようになっています。

シンメトリー画像を作り出す「MRRW」

「MRRW」はユニークなシンメトリー画像を作り出すツールです。

垂直/水平方向の対称軸で4つのミラー効果をつけることができ、パース補正機能、回転機能(ツールバーを左右にスワイプ)も備えています。
スクリーンショット

中央の「+」アイコンをタップすると一度レンダリングをおこない、さらにほかのミラー効果をつけることができます。
スクリーンショット

手動で画像のコーナーを操作できる「4PNTS」

もう一つの App 内機能拡張「4PNTS」は、画像の指定したコーナーを手動で操作できるツールです。下の例では左上の角を指定し、画面を左上方向に動かしています。
スクリーンショット

3点まで複数のコーナーを指定可能で(1点を指定したのち、ほかのポイントを長押しで指定)、一方向に動かすだけでなく、ピンチで複数の方向に操作できます。

中央の丸アイコンをオンにすると、コーナーポイントを指定せず、タッチコントロールで自由に操作できるようになります。
スクリーンショット

「SKWRT」よりも直感的に補正するのにも使えますし、意図的に歪んだ画像を作っても面白いかもしれません。

iPad にも対応しているユニバーサルアプリケーションです。
スクリーンショット

Download : SKRWT (App Store)
サポート : SKRWT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする