発表! 第5回 life with i 賞(その4)

今年もやります(笑)。

life with i 賞とは、「年末は開発者さんもお休みモードで、書きたいネタがあまり出てこないんだよねぇ~」ということで2006年に安易に創設され、選考委員の Tom 個人が感動した作品に贈られる権威のかけらもない賞であります。

候補作は、その年に最初のバージョンがリリースされ、かつこのブログ(もしくは旧ブログ)で紹介したことがある作品。つまりは「来年もがんばって開発してくださいよ~」と開発者にエールを送るとともに、暗に「来年もアップデートして、うちのブログにネタを提供してね(超はぁと)」とプレッシャーをかける賞でもあります。

受賞作は選考委員の Tom の独断と偏見によって選出され、受賞したソフトの開発者には Tom の熱いまなざしが贈呈されます。

昨年までとは次の点が異なります。

  1. 名称を「PISCES 賞」から「life with i 賞」に変更(ブログを移転したため)
  2. iPad アプリケーション部門を新設
  3. 各部門の受賞作を5作品から3作品にした

それでは、発表しましょう! Mac オンラインウェア部門続いての受賞作は・・・・・

EveryTwitteIt!

EveryTwitteIt!Mac 上の身近な情報を素材にツイートする専用ツール

Download : EveryTwitteIt

おめでとうございま~す(パチパチパチ)。

EveryTwitteIt!』を起動し、環境設定で Twitter のアカウント情報を設定しておくと、メニューバーのアイコンから項目を選択してさまざまな情報を簡単にツイートできます。
screenshot

もちろん通常のツイートも可能。ツイートしたくなった時にメニューバーから「なう ツイート!」を選択してすばやくツイートが可能。
screenshot

環境設定で「日本語のツイートを英訳する機能を利用する」オプションを有効にしておけば、入力フィールドの左下にアメリカの国旗のボタンが表示され、機械翻訳ですが入力したテキストを英訳できます。
screenshot

ユーザ名を入力してダイレクトメッセージの送信も可能です。初回はユーザ名を入力する必要がありますが、一度送信したユーザ名は最大50件まで自動的に登録され、プルダウンメニューから選択できます。

オートコンプリート機能をサポートしているので、最初の数文字を入力するだけで登録済みのユーザ名が候補として表示されます。
screenshot

「なう 写真を投稿!」では、Finder や iPhoto で選択した写真を読み込んで、メッセージといっしょに Twitter と連携する写真サービスに投稿できます。

iPhoto で選択した写真に GPS 情報がついている場合には、撮影場所を示す Google マップのリンクも自動的に作成してくれます(iPhoto ’09 以降が必要です)。
screenshot

Safari で閲覧中の Web ページ情報もツイートできます。閲覧中のページの選択したテキストをツイートすることも可能です。
screenshotscreenshot

iTunes で再生中の曲情報をアートワークといっしょに投稿することもできます。
screenshot

そのほかにも Mac のスクリーンショットを撮ってメッセージといっしょに投稿したり、「アドレスブック」で選択したカードに登録してある名前(と URL)、Mail で受信したメールの件名/選択した本文、iCal に登録済のイベントをツイートする機能を備えています。
screenshotscreenshot

環境設定で、ツイートする時のフレーズをカスタマイズ可能です。
screenshot

Download : EveryTwitteIt
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする