ClickToFlash 2.1 [Mac]

ClickToFlashクリックした時にだけ Flash を読み込む Safari 機能拡張(フリーウェア 要 : Safari 5)

What’s New

 Version 2.1

  • Much improved CSS for source lists (thanks Roberto!)
  • The ‘Show preview image’ setting is now hidden

 Version 2.0

  • When several video sources are available, it is now possible to switch between them (view details)
  • Various killer fixes
  • Revamped settings
  • New context menu item to temporarily disable ClickToFlash

ひさしぶりの紹介です。

Flash を自動的に読み込まないようにする Safari 機能拡張、『ClickToFlash』がアップデート。

Safari で Flash があるページを開いても読み込まず、代わりに「Flash」と書かれた画像が表示されるようになります。
screenshot

コンテクストメニューで「Hide Flash」を選択すると、Flash が表示されている箇所を非表示にすることもできます。
screenshot

Flash を再生する場合は、画像をクリックすると読み込まれます。
screenshot

YouTube のように HTML5 の動画に対応している場合には、代替動画を再生するようにしてくれます。
screenshot

代替動画を読み込んだ場合には、コンテクストメニューから動画をダウンロードすることも可能です。
screenshot

デフォルトの状態ではコンテクストメニュー項目は「Download Video」にしかチェックが入っていませんが、
screenshot

コンテクストメニューから現在開いているページをホワイトリストに追加して Flash を自動的に読み込むようにしたり(下図)、代替動画を「QuickTime Player」で再生するようにもできます。
screenshot

「Disable/Enable ClickToFlash」のオプションにチェックを入れておけば、Safari の環境設定を開かなくても『ClickToFlash』の有効/無効を切り替えられます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする