デジタル大辞泉 7.1 [iPhone] [iPad]

デジタル大辞泉iPhone / iPad 版小学館『デジタル大辞泉』

What’s New

[デバイス共通]

  • 高精細画像を搭載したことで大きくなったアプリケーションの容量を小さくするために、サムネイルだけを残し、画像本体はサーバー上に置き、呼び出しに応じて逐次ダウンロードする機能を搭載しました。
  • オフラインでも利用できるよう全画像の一括ダウンロード機能や、デバイスの容量不足解消のために、全画像の一括削除機能も設けました。
  • 手書きモジュールに、文字種を表示するようにしました。また、検索に必要のない文字を除外することで、認識精度を向上させました。

[iPhone/iPod touch]

  • 付録>画像一覧のフルスクリーン表示画面において、フルスクリーンの画像が表示されてからしばらく経つと、自動的にコントロールやキャプションを非表示にする機能をカットしました。
  • 解説文において、白地の図版を拡大表示した際、キャプションが読めなくなる問題を修正しました。

[iPad]

  • iPadの大きなディスプレイに合わせて、画面デザインやユーザーインターフェースを大幅に変更しました。従来のコンセプトである「辞書としてのひきやすさ」を継承しつつ、ただ言葉を調べるという目的だけでなく、「辞書で遊ぶ」というコンセプトでアプリの設計を見直しました。

Mac OS X Leopard 以降の「辞書」アプリケーションにも収録されている、小学館の大型国語辞典「大辞泉」に新語を追加した辞書 iPhone / iPad アプリケーション、『デジタル大辞泉』がアップデート。

Download : デジタル大辞泉 (App Store)
サポート : 小学館:iPhoneアプリ

これまで iPad 版は、iPhone 版を大きくしたようなインターフェースでしたが、
screenshot

このバージョンから、書籍のようなインターフェースが採用されています。新規に6,000項目が追加され、総項目数は約24万8,000項目になっているそうです。

追加された新語は、「付録」のスクリーンセーバーの「言葉」でランダムに表示されます。
screenshot

ポートレートモード/ランドスケープモードどちらにも対応しています。
screenshot

従来通り、インクリメンタルサーチで、前方一致・部分一致検索が可能です。ひらがな・カタカナ、清音・濁音・半濁音、直音・拗促音、アルファベットの大文字・小文字の違いを気にせず検索できるように設計されていますが、入力したとおりに検索する「厳密検索モード」もあります。
screenshot

単語の解説で文字列をなぞって選択し、メニューから「この場で検索」を選択すると、検索結果をポップアップで表示し、
screenshotscreenshot

タップすると、解説を表示します。「戻る」ボタンをタップすると、元の単語に戻ります。
screenshot

「用法」「類語」「下接語」「下接句」データがつけられている項目も多く、簡易類義語/逆引き辞典としても利用可能。
screenshot

書籍の爪をイメージしたタブが設けられており、「画像」タブに切り替えると、これまで「付録」に収録されていた画像を見ることができます。
screenshot

今回からアプリケーションの容量を小さくするために、画像は呼び出しに応じて逐次ダウンロードするようになっています。オフラインで使用できるように、全画像を一括ダウンロードすることもできます。
screenshot

また、地図データを持つすべての項目が「地図」タブに集められ、1枚の地図で表示できるようになりました。
screenshotscreenshot

索引では「言葉の宇宙」を表現し、宇宙に浮かぶテーマから言葉をさがせます。
screenshot

iPhone 版には大きな変更はありません。

iPhone 版は、ほかの辞書アプリケーションとの連携機能を備えています。同じ小学館の『ポケプロ英和和英』 (App Store) 、『ポケプロ仏和和仏』(App Store)、『中日・日中辞典』、そして物書堂の三省堂『大辞林』、『角川類語新辞典』と連携可能です。
screenshot

Download : デジタル大辞泉 (App Store)
サポート : 小学館:iPhoneアプリ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする