ImageOptim 1.3 [Mac]

ImageOptimJPEG, PNG 画像を最適化してファイル容量を小さくするアプリケーション

What’s New

  • QuickLook integration
  • Added ability to copy, paste and drag files out of ImageOptim’s window
  • Button to reveal files in Finder
  • UI improvements for OS X Lion
  • Fixed updating of file paths in preferences
  • Danish localization
  • Spanish localization

ひさしぶりの紹介です。

EXIF タグやコメントなどのメタデータ、サムネイル画像などを削除して、JPEG, PNG ファイルの容量を小さくする、『ImageOptim』がアップデート。OS X Lion にも対応しています。

使い方は簡単。

ImageOptim』のアイコンかウインドウに、最適化する画像、もしくは画像が入ったフォルダをドラッグ&ドロップするだけ。
screenshot

自動的に最適化処理を開始し、処理が終了すると左側のアイコンがチェックマークに変化、右側には減った容量のパーセンテージを表示します。また、『ImageOptim』のウインドウからドラッグして、処理後の画像をほかのアプリケーションに渡すことも可能です。
screenshotscreenshot

ルーペのアイコンのボタンをクリックすると、そのファイルを Finder に表示。スペースキーを押すと、クイックルックします。
screenshot

初期設定ではファイルを上書きするようになっていますが、環境設定の「General」タブで「Backup original files before saving」にチェックを入れておくと、処理前のファイルの拡張子の末尾に「~」をつけて残しておけます。
screenshot

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする