INStan Pocket 1.2 [iPhone] – 新エフェクト・新ジェスチャ・「PhotoAppLink」を採用してアップデート

INStan Pocketなんとなくのまま今を写すトイデジタルカメラ iPhone アプリケーション

What’s New

  • 新エフェクト「XBleach Bypass」を追加
  • プレビューボタンを追加
  • PhotoAppLinkに対応。
  • モニターの付け外しをボタン操作からジェスチャーに変更。
  • 多重露光ボタン(MXP)をモニターからカメラ部分に移動。

アナログ感覚で遊ぶことができるトイデジタルカメラ iPhone アプリケーション、『INStan Pocket』がアップデート。新エフェクトやプレビューボタンが追加されています。
screenshot

Download : INStan Pocket (App Store)
サポート : MorokoshiMan_blog

ファインダーの左下にある「Color」をタップすると加工サンプルを表示するので、使用するエフェクトを選択。
screenshot

右下の「Tone」をタップすると4つのスイッチを表示し、エフェクトの濃度や彩度を変更でき、ブラーとフレームを2種類から選べます。
screenshot
前バージョンでは、高解像度で撮影した場合のみプレビューを表示する仕様でしたが、本バージョンではファインダーの右側いちばん下に「PREVIEW」ボタンがつき、解像度にかかわらずユーザがプレビュー表示の有無を選択できるようになりました。

プレビュー表示をオンにした場合には、「Develop」ボタンをタップした後、「Send Image To」画面に切り替わります。撮影した写真をカメラロールに保存するだけでなく、メール送信、「PhotoAppLink」ライブラリを採用したほかのアプリケーションに送ることができます。
screenshot

前バージョンで「PREVIEW」の位置にあった多重露光撮影用のボタンは、ファインダーの左下に移動しています。これをオンにして撮影すると、最後に保存した写真に重ねて加工されます。
screenshot

「MXP」ボタンの位置にあったモニタを取り外すボタンは廃止され、画面下半分を上方向にスワイプして外す仕様に変更されています。横にスワイプして、トイカメラ系のエフェクトを備えたモニタと、モノクロ系エフェクトを備えたモニタを切り替えられ、取り付けるには画面下半分を下方向にスワイプします。
screenshot
モニタを取り外したままでも撮影可能です。その場合には、専用エフェクトが適用され、まれにライト・リークを起こすようになっています。

モノクロ系のエフェクトには、新しく「XBleach Bypass」エフェクトが加わっています。
screenshot

初期設定は、スクエアフォーマットでの撮影ですが、フォーマットの変更も可能です。左にスワイプすると画面が回転しカメラの前面になるので、右下の「FORMAT」のスイッチを「ST」に切り替えると、標準フォーマット (Standard) で撮影できます(標準フォーマットを選択した場合にもファインダーは正方形のままなので、被写体の中心をうまく合わせる必要があります)。その右側には、3秒間のセルフタイマーボタンもあります。
screenshot

そのほかにもファインダー右側に、ホワイトバランス・露出・フォーカスをロックできるボタンを備えているので、うまく使用するとおもしろい写真を撮れます。

スクエアフォーマットで低解像度の場合は480×480ピクセル、高解像度の場合は900×900ピクセルです。標準フォーマットで低解像度の場合は640×448ピクセル、高解像度の場合は1200×840ピクセルになります。画面左下の「Resolution」で、解像度を切り替えられます。

Download : INStan Pocket (App Store)
サポート : MorokoshiMan_blog
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする