CotEditor 1.3.1 [Mac] – フルスクリーンモードに対応、Cocoa で組まれたプレーンテキストエディタアプリケーション

CotEditorCocoa で組まれたプレーンテキストエディタアプリケーション

What’s New

1.3.1

  • 自動更新でのインストール時にエラーになる問題を修正。

1.3

  • フルスクリーン対応(10.7のみ)
  • ファイル保存時に拡張子 "txt" をつけるオプションを追加
  • 検索パネルでReturnキーを押して次を検索した際に、パネルを閉じないように変更(従来のようにパネルを閉じるにはShift+Returnキーを押す)
  • 10.7向けのバイナリを作成(10.4/10.5/10.6向けと10.7向けの2つを別々にビルド)

ひさしぶりの紹介です。

Cocoa で組まれたプレーンテキストエディタアプリケーション、『CotEditor』がアップデート。v.1.3 から、Mac OS X 10.4/10.5/10.6 向けと、OS X 10.7 用の2つがリリースされています。

Cocoa ならではの美しい文字表示のプレーンテキストエディタです。HTML や CSS などの特定の文字列を自動的に色分けする「シンタックスカラーリング」機能を備えています。
screenshot

v.1.3 から、環境設定の「一般」に「ファイル保存時に拡張子 "txt" をつける」オプションが追加されています。
screenshot

また、OS X 10.7 用のみですが、システム標準のフルスクリーンモードにも対応しています。
screenshot

行頭からカーソル位置までの文字数を、ステータスバーとドローワの文書情報に表示。
screenshot

文字色・背景色の編集に便利な「カラーコードエディタ」や、
screenshot

コンテクストメニューには編集に便利なユーティリティメニューもあり、テキストビューを分割して編集することもできます。
screenshot

正規表現も使える検索・置換機能も備えています。
screenshot

v.1.2 から自動アップデート機能が搭載されていましたが、不具合があったため Web からダウンロードしなおす必要があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする