Play It 2.1 [iPhone] [iPad] – 新しいデザインのホーム画面になった、マルチタッチジェスチャーを活かしたミュージックプレーヤー

Play Itマルチタッチジェスチャーを活かしたミュージックプレーヤー iPhone / iPad アプリーション

What’s New

  • New design main menu
  • Go to the music player from the main menu
  • View the album of the current song in the main menu
  • Fast shuffle option in main menu
  • Fullscreen artwork
  • Improved gestures
  • Theme’s
  • Skip to any point in a song by dragging the playhead along the scrubber bar
  • Repeat option
  • Choose between multiple Twitter accounts
  • Adjust your tweet
  • Option to add the album artwork to your tweet
  • Auto tweet now starts after 10 seconds
  • Lyrics fixed on the iPad with iOS 5
  • Improved podcasts support.
  • Bug fixes

マルチジェスチャーを活かしたクールなミュージックプレーヤーアプリケーション、『Play It』がアップデート。
screenshot

Download : Play It (App Store)
サポート : Jeroen van Rijn (iosplayit)

本バージョンでは、ホーム画面が新しいデザインになり、プレイリストやアーティストを選択しなくても、右側のボタンをタップすると、ミュージックライブラリの楽曲をシャッフル再生するようになりました。プレーヤー画面には、リピートのオプションもつきました。
screenshot

左右にスワイプすると前後の楽曲に切替り、上下にスワイプすると音量の調節をおこなえます。
screenshot
また、画面の右半分をタップ&ホールドすると早送り、左半分をタップ&ホールドすると巻戻すことができます。アートワーク以外の部分をタップすると、一時停止します。

2本指で左にスワイプすると、曲ファイルのタグに埋め込んでいる歌詞を表示。プレーヤー画面を2本指でタップすると、再生中の楽曲情報をアートワーク画像とともにツイートできます(iOS 5 が必要です)。
screenshot

また、本バージョンでは、アートワークをダブルタップすると、フルスクリーンでのアート表示に切り替わり、上と同様のジェスチャーで操作できるようになりました。
screenshot
再生中の曲のアートワークをホーム画面にも表示します。

これまでどおりメニューからプレイリストやアーティストを選択して、楽曲を再生することも可能です。プレーヤー画面以外では、左にスワイプすると、ミュージックライブラリの楽曲を検索して再生することもできます。
screenshot

ホーム画面→「Options」→「Settings」で設定画面を開きます。
screenshot

「View」で新しく加わった「テーマ」を選択するか、RGB で好きな色を選んで、アプリケーションのスタイルをカスタマイズできます。
screenshot

iPad にも対応しているユニバーサルアプリケーションです。iCloud を介して、スタイルなどの設定を同期します。
screenshot

Download : Play It (App Store)
サポート : Jeroen van Rijn (iosplayit)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする