addLib 1.3 [iPhone] – 高解像度出力に対応、簡単な操作で写真から無限のグラフィックアートを作り出せるアプリケーション

addLib写真から無限の美しいグラフィックアートを作り出せる iPhone アプリケーション

What’s New

  • iPhone 4 Retina Displayに対応しました。
  • 書き出せる画像のサイズが大きくなりました。
  • アプリの安定性を改善しました。
  • ユーザーテキストを入力するとアプリが落ちる問題を改善しました。
  • その他、多数のバグ修正をしました。

ひさしぶりの紹介です。

写真からおしゃれなグラフィックアートを作り出せる iPhone アプリケーション『addLib』が1年半ぶりにアップデート。

前バージョンまで、出力解像度が320*427ピクセルと小さめなのが難点でしたが、本バージョンから高解像度出力に対応し、iPhone 4 の場合、1920*2568 ピクセルの解像度で書き出せるようになっています(機種によって異なるかもしれません)。
screenshot

Download : addLib (App Store)
サポート : AppArt

使い方は簡単。『addLib』を起動したら画面左下のカメラのアイコンをタップして、内蔵カメラで新規に撮影するか、フォトライブラリから写真を読み込むだけです。ここでは2枚目の写真を使用しています。
screenshot

自動的に3枚のグラフィックアートをランダムに生成し、スワイプで左右の作品に切り替えることができます。
screenshot

気に入った作品がなくても、ツールバー中央のアイコンをタップすると新しいパターンを生成します。デザインバリエーションは無限にあります。
screenshot

ツールバー右側のアイコンをタップすると、カメラロールに保存、Twitpic 経由で Twitter にポスト、メール送信が可能。作品をタップするとサムネイル表示に戻り、いちばん左までスワイプすると Twitter アカウントの設定画面が現れます。
screenshot

グリッドシステム、フラクタル理論、黄金比、顔認識など、さまざまな理論を組み合わせているので、そのままでも美しいグラフィックデザインを作り出すますが、サムネイルの下にある「Customize」ボタンをタップして、写真の中心部分を指定することも可能です。
screenshot

また、「Text Mode」を「User」に切り替えて、グラフィックアートで用いるフレーズを指定することもできます。変更内容は次に作り出す作品から適用されます。
screenshot

Download : addLib (App Store)
サポート : AppArt
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする