Index Card 3.1 [iPad] – Dropbox からファイルを直接インポート可能に。カードに書き出しアウトラインをまとめるアプリケーション

Index Card論文や小説などのアウトラインをまとめるのに便利な、コルクボードインターフェースの iPad アプリケーション

What’s New

  • Open Index Card project files from Dropbox without leaving Index Card app
  • Hyphen added to extended keyboard
  • Updated some graphics that were not yet retina (app icon, settings button, binder clip)
  • Confirm Cancel – Tapping the cancel button on the card editing screen will now ask you to confirm that you want to discard changes
  • Preview button is now Preview & Print to make access to AirPrint more obvious
  • Addressed an issue where closing the app while renaming a column heading caused the app to quit on next launch
  • Fixed an issue where adding new cards in column view did not display if main corkboard was listing stack contents
  • Disable the dragging of multiple cards at once, that was causing a crash
  • Addressed case where an imported project initially displayed 0 stack count, even though it contained cards
  • Unstacking cards will now place them at the bottom of the card list
  • Fixed scenario where moving cards between projects did not always retain their order
  • Additional save points

長文のアウトラインをまとめるのに便利な iPad アプリケーション『Index Card』がアップデート。本バージョンで、第三世代 iPad の Retina ディスプレイにも対応しています。
screenshot

Download : Index Card (App Store)
サポート : Apps Dock – DenVog

iPhone 版の『Index Card for iPhone』もあります。

Download : Index Card for iPhone (App Store)

まずは、画面左上の「Project」から「+」ボタンをタップして、新規プロジェクトを作成。
screenshot

新しいコルクボードが作成されるので、「+」ボタンをタップしてカードに概要を書き出します。
screenshot

キャレットの移動や、約物の入力に便利な拡張キーボードを備え、新しく「‐」(ハイフン)が追加されています。
screenshot
前の画面に戻らなくても、拡張キーボードの「+」キーで新しいカードを作成できるので、浮かんだアイデアを次々に書き出すことが可能です。

カードの右側にある矢印のアイコンをタップすると画面が反転し、カードにメモをつけたり、概要をもとにして本文を記述できます。
screenshot

左側の「LABEL」をタップしてカードにカラーラベルをつけておくと、どのカードが重要なものか視覚的にわかりやすくなります。
screenshot

コルクボードに並べたカードをタップ&ホールドするとドラッグ可能になり、自由に並べ替え可能。
screenshot

画面右上の「Edit」ボタンをタップして編集モードにすると、カードを選択して既存のほかのプロジェクトに移動したり、名称を設定して関連するカードをスタックにまとめることができます。スタックをタップすると、スタックにまとめたカードのみを表示します。
screenshotscreenshot

アクションボタンから、作成したプロジェクトを書き出せます。
screenshot

テキストファイル・RTF ファイル・「Indexcard」ファイルからフォーマットを選択可能。iTunes のファイル共有機能を使って Mac / PCに取り込めるほか、メール送信、Dropbox に送ることができます。
screenshot

プレビュー機能も備え、テキスト、もしくは RTF フォーマットで書き出す前にプレビューできます。プレビュー画面のアクションボタンから、対応するほかのアプリケーションにファイルを送ったり、Air Print でプリントも可能です。
screenshot

カード表示以外にも、アウトライン/カラム表示に切り替えて、話の流れを確認できます。どの表示でも、カードの順番の並べ替えや削除が可能です。
screenshotscreenshot

設定で、フォントとサイズをそれぞれ3種類から選択できます。カードの背景もコルクボードのほか、全5種類から選択できるようになっています。
screenshot

また、本バージョンで「Copy from Dropbox」メニューから、Dropbox に保存した「Indexcard」ファイルを直接インポートできるようになりました。
screenshot
これまでと同様に『Dropbox』アプリケーションで開いたり、メールに添付された「Indexcard」ファイルを「Open in…」メニューで『Index Card』に渡して編集することも可能です。

Download : Index Card (App Store)
サポート : Apps Dock – DenVog
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする