Monolingual 1.5.2 [Mac] – Mountain Lion に対応、不要な言語リソースを削除し、ハードディスクの空き容量を増やすアプリケーション

Monolingual不要な言語リソースを削除し、ハードディスクの空き容量を増やすアプリケーション

What’s New

Version 1.5.2

  • Corrected Developer ID for Gatekeeper

Version 1.5.1

  • Restored compatibility with Mac OS X 10.7.
  • Fixed a bug which prevented list entries to be (de-)selected.

Version 1.5.0

  • Signed with a Developer ID for Gatekeeper support (Mountain Lion).
  • Asks for administrator password only once (to install a privileged helper tool).
  • Now requires OS X 10.7 and a 64-bit capable Mac (to leverage new technologies such as XPC and ARC).

ひさしぶりの紹介です。

多言語に対応している OS X のシステムやアプリケーションに含まれている不要な言語リソースを削除して、ハードディスクの空き容量を増やしてくれるユーティリティ『Monolingual』がアップデート。

v.1.5.0 から、システム要件が OS X 10.7 以降に変更されています。OS X Mountain Lion の新機能「Gatekeeper」にも対応しています。

Download : Monolingual

使い方は簡単。

使用しない言語にチェックを入れて、「削除」ボタンをクリックするだけです。
screenshot

アプリケーションによっては、日本語リソースが含まれていないものもあるので、日本語環境で使用している場合にも英語リソースは残すようにしてください。
screenshot

後で削除した言語リソースが必要となった場合には、OS やアプリケーションを再インストールすることになるので注意しましょう。
screenshot

「ヘルパーツール」をインストールするため、初回のみ管理者パスワードの入力が必要になりますが、指定した言語リソースの削除を開始し、『Growl』で通知します。
screenshotscreenshot

インストールしているアプリケーションの数にもよりますが、自分の環境では、日本語と英語以外の言語リソースを削除しただけでも約3GBの空きスペースが増えました。
screenshot

言語リソース以外にも、インプットメソッドや、ユニバーサルアプリケーションから使用しないプログラムコードを削除する機能も備えています。
screenshot

環境設定で、削除するディレクトリを指定可能です。
screenshot

「Move language files to trash」にチェックを入れておくと、言語リソースをいきなり削除せず、いったんゴミ箱に移動します。

Download : Monolingual
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする