Due 1.2 [Mac] – ほかのアプリケーションとの連携機能を強化、通知のスヌーズ機能を備え大事な予定を忘れるのを防いでくれる

Due通知のスヌーズ機能を備え、すばやく予定を入力できるリマインダーアプリケーション

What’s New

  • Search
  • Open links in reminders
  • Drag emails, calendar events, text, links and files to Due and…
  • Share reminders from Due by dragging them or…
  • Copying them to clipboard
  • Pull to sync
  • Speed up launch time
  • More keyboard shortcut: open the action menu with Option-Right Arrow

タスクを完了するまで繰り返し通知し、大事な予定を忘れるのを防いでくれるリマインダーアプリケーション、『Due』がアップデート。

iCloud もしくは Dropbox を使用することで、リマインダーを iOS 版の『Due』と同期できます。
screenshot

Download : Due (Mac App Store)
サポート : Due: The Superfast Reminder App for Mac

本バージョンで、リマインダーの検索機能が追加されました。「Command」+「F」キーで検索フィールドを表示します。
screenshot

検索したリマインダーがなかった場合にも、続けて「return」キーを押すと、検索ワードから新規リマインダーを作成できます。
screenshotscreenshot

ほかのアプリケーションとの連携も強化され、日付が含まれたテキストを『Due』のウインドウにドラッグ&ドロップするだけで、日付を設定したリマインダーを作成してくれます(「○月○日」という形式であれば、日本語でも日付として認識するようです)。
screenshotscreenshotscreenshot
OS X の「サービス」にも対応しているので、サービスメニューでも実行可能です。

また、『Due』から「メール」などのアプリケーションにドラッグ&ドロップして、リマインダーを送ることもできます。リンクが自動的に生成され、受信側も『Due』ユーザであれば、クリックするだけでリマインダーが追加されます。
screenshot

ツールバー右側のボタンをクリックするか、「Command」+「N」キーで新規リマインダーを作成。リマインダーの繰り返しの設定も可能です。
screenshot

Mac 版はスヌーズの間隔を1分/1時間以外にも設定できます。また、リマインダーに URL が含まれている場合には、右カーソルキーを押すだけで、デフォルトの Web ブラウザでページを開きます。ほとんどの操作にキーボードショートカットが割り当てられているので、
キーボードから手を離さずにおこなうことができます。
screenshot

繰り返しを設定していないリマインダーは、完了にすると「ログブック」に保存されます。ダブルクリックで通知時刻を指定するだけで再利用できるので、同じ内容のリマインダーを作成することが多い人には、再入力の手間が省けて便利です。
screenshot

タイマー機能も備え、あらかじめ設定しておけば、ボタンをクリックするだけでカウントダウンを開始します。
screenshot

環境設定で、デフォルトのアラームサウンドやスヌーズの間隔を指定できます。設定したグローバルホットキーで『Due』のウインドウを呼び出すことも可能です。
screenshot

設定した時刻になると、サウンドと通知センター(OS X Mountain Lionのみ)もしくは『Growl』でデスクトップに通知します。

Download : Due (Mac App Store)
サポート : Due: The Superfast Reminder App for Mac

iOS 版の『Due』はこちら。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする