発表! 第7回 life with i 賞(その5 iPhone アプリケーション部門)

今年もやります(笑)。

life with i 賞とは、「年末は開発者さんもお休みモードで、書きたいネタがあまり出てこないんだよねぇ~」ということで2006年に安易に創設され、選考委員の Tom 個人が感動した作品(3部門9作品)に贈られる権威のかけらもない賞であります。

候補作は、その年に最初のバージョンがリリースされ、かつこのブログで紹介したことがある作品。つまりは「来年もがんばって開発してくださいよ~」と開発者にエールを送るとともに、暗に「来年もアップデートして、うちのブログにネタを提供してね(超はぁと)」とプレッシャーをかける賞でもあります。

受賞作は選考委員の Tom の独断と偏見によって選出され、受賞したソフトの開発者には Tom の熱いまなざしが贈呈されます。

それでは、発表しましょう! iPhone アプリケーション部門続いての受賞作は・・・・・

リマインダー+

リマインダー+iOS 標準の「リマインダー」にすばやく項目を追加することができる iOS アプリケーション

Download : リマインダー+ (App Store)
サポート : Reminders +

おめでとうございま~す(パチパチパチ)。

利用には、iOS 6 以降が必要です。『リマインダー+』を起動すると、すぐにリマインダーの入力画面に。

タイトルの横にあるブックマークボタンをタップすると「ショートカット」画面に遷移し、あらかじめ登録した、よく使う項目をワンタップで入力できます。自動的に入力の履歴を記録する機能も備えており、編集モードにすると、記録する数を変更できます。
screenshot

「期限を設定」をタップするとカレンダー画面に遷移します。標準の「カレンダー」「リマインダー」に登録済の項目を表示するので、確認しながらリマインダーを設定する日を決められます。デフォルトのスタイルのほか、月をまたぐ予定を確認するのに便利なスクロールカレンダー、週間カレンダーにも切り替えられます。
screenshot

期限時刻の設定は、テンキーのほか、ほかの予定を確認しながら時刻を調整できる日ビュー、一般的なピッカーの中から好みの入力方法を選択できます。
screenshot

繰り返しのカスタマイズ性にも優れ、iOS 標準の「リマインダー」アプリケーションではできない「毎週○曜日と●曜日」「毎月○日と●日」といった複雑な繰り返し設定にも対応しています。
screenshot

アラームの設定も可能。指定した場所に近づいた時に通知する「位置アラーム」の設定にも対応しています。
screenshot

リマインダーの入力が完了したら、画面右上の「保存」ボタンをタップ。iOS 標準の「リマインダー」に項目を追加し、新規入力画面に戻り、次々にリマインダーを追加することができます。
screenshot

設定で、週の開始曜日、非表示にする曜日を指定したり、使用しない入力項目を隠すなどのカスタマイズをおこなえます。
screenshot

また、期限を設定する際のカレンダーに任意のカレンダー/リマインダーリストを非表示にすることも可能。イベント/リマインダータイトルを表示せず、予定があることをアイコンで示すこともできます。
screenshot

iPhone アプリケーション部門での受賞としましたが、iPad にも対応しているユニバーサルアプリケーションです。
screenshot

iOS 標準の「リマインダー」アプリケーションは、リマインダーの追加が正直面倒ですし・・・(受賞理由)。

Download : リマインダー+ (App Store)
サポート : Reminders +

iOS 標準の「カレンダー」にすばやくイベントを追加できる、姉妹版の『カレンダー+』もあります。

Download : カレンダー+ (App Store)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする