Typic Pro 1.4 [iPhone] – テキスト/ラベルの回転が可能に。数ステップで欧文フォントをレイアウトしたおしゃれな写真に加工できる

Typic Pro欧文デザインフォントをレイアウトしたおしゃれな写真に数ステップで加工できる iPhone アプリケーション

What’s New (v.1.3)

  • 7 more free fonts, and the option to buy 49 more.
  • 4 free beautiful frames (some with the ability to turn them into a circle) and the option to buy 14 more.
  • Option to buy 48 more super trendy Design Elements.
  • A second shadow option for texts, and a customizable shadow for Design Elements.
  • A new 360 rotation button now available for text and Design Elements.
  • Improved filters.
  • Improved lens blur.

数ステップで欧文デザインフォントをレイアウトした、おしゃれな写真に加工できる『Typic Pro』がアップデート。
screenshot

Download : Typic Pro – Photo Text Editor (App Store)
サポート : Hi Mom – Apps

Typic Pro』を起動すると、画面上部にサンプル作品をランダムに表示します。v,1,3 からカメラの私恨をタップすると、内蔵カメラが起動するように変更されています。タップ・トゥ・フォーカスが使え、グリッド表示も可能です。フォトライブラリから写真を読み込む場合には、右下をタップします。
screenshot

また、縦長の写真を撮影/読み込んだ場合にも正方形に切り抜く必要はなく、そのまま加工できるようになっています。チェックボタンをタップすると、フィルターの選択画面に遷移します。レトロな雰囲気に変わるフィルターを5種類搭載しています。
screenshot

あとは画面下半分をスワイプし、ツールを切り替えて編集します。

4種類のフレームが加わり、計6種類に。アドオンで14種類のフレームを追加できます。
screenshot

次の画面で、写真にキャプションをつけます。「Caption」をタップして、テキストを入力。35種類のフォント、2種類のシャドーから選べ、アドオンで49種類のフォントを追加できます。画面左上の「Caption1」の部分をタップすると、もう1つキャプションを追加でき、それぞれ異なるフォント・サイズ・シャドーを指定可能です。
screenshotscreenshot

次の画面で、テキストカラーの選択と透明度の調整をキャプションごとにおこなえます。新規に「Rotate Text」ボタンが加わり、テキストを回転できるようになりました。
screenshot
次の画面では、デザイン素材を使用して写真全体を装飾したり、ラベルをレイアウトします。アドオンで48種類のデザイン素材を追加できます。ラベルについては、テキスト同様に回転も可能です。

デザイン素材もカラーの選択、透明度/シャドーの調整をおこなえます。
screenshot
最後の画面で、加工した写真をフル解像度で保存するほか、メール/Twitter/Facebook/Instagram で共有できます。フレーム不使用の場合には、写真の右下に「Typic」のロゴを入れることも可能です。

Download : Typic Pro – Photo Text Editor (App Store)
サポート : Hi Mom – Apps

無料版の『Typic』もあります。

Download : Typic (App Store)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする