OnyX 2.8.0 [Mac] – Mac 用の定番システムメンテナンス&カスタマイズツールの OS X Mavericks 専用版が登場

OnyX多機能な定番システムメンテナンス&カスタマイズツール

What’s New

  • OS X 10.9 Mavericks compatibility.

ひさしぶりの紹介です。

Mac のシステムメンテナンスツールの定番、『OnyX』が OS X Mavericks に対応してアップデート。
screenshot

利用には、管理者パスワードの入力が必要となります。

「検証」パネルで、S.M.A.R.T.状況/起動ボリュームの構成/環境設定ファイルの書式の検証が可能。
screenshot

「メンテナンス」パネルでは、ディスクのアクセス権の修復/メンテナンススクリプトの実行/さまざまな再構築の実行をおこなえます。
screenshot

「クリーニング」パネルでは、システムやアプリケーションなどのキャッシュや、各種ログファイルの削除が可能。削除をおこなうことで、破損ファイルが Mac の動作に及ぼす悪影響を防いだり、ディスク容量を節約することができます。
screenshot

メンテナンスやクリーニングの項目をまとめて実行できる「自動処理」パネルも用意されています。
screenshot

システムメンテナンス以外にも、「各種設定」パネルで、システムや OS X 付属アプリケーションのさまざまな隠し機能を引き出すことが可能です。
screenshot

OnyX』をアンインストールする場合には、ゴミ箱に捨てるのではなく、「OnyX」メニューの「OnyX をアンインストール…」を実行します。
screenshot

OS X の「Gatekeeper」に未対応なので、デフォルトの状態では『OnyX』を開くことができません。

Finder で『OnyX』を選択し、コンテクストメニューから「開く」を選んで、表示されるダイアログで「開く」をクリックします。
screenshot
もしくはシステム環境設定の「セキュリティとプライバシー」パネルの「一般」タブにある、「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」で「すべてのアプリケーションを許可」を選択します(一度『OnyX』を起動した後は、元の状態に戻してかまいません)。

また、OS X Mavericks では、「セキュリティとプライバシー」パネルの「プライバシー」タブ > 「アクセシビリティ」で『OnyX』にコンピュータの制御を許可する必要があります。
screenshot

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする