Wake Alarm Clock 2.0 [iPhone] – ミュージックライブラリの楽曲を使用可能に、ジェスチャーで操作できるアラームアプリケーション

Wake Alarm Clockジェスチャーで操作できる美麗なデザインのアラーム iPhone アプリケーション

What’s New

  • Voice feature – set an alarm by simply speaking to WAKE
  • iTunes alarm support – wake up to your own audio every morning
  • Refreshed design for iOS 7 – simplified and beautified the whole WAKE experience
  • More alarm customization – now you can control the Alarm Style for each alarm
  • Landscape support – WAKE now works in portrait and landscape
  • Help screen – cleaner and clearer help screen w/ tutorial video

ジェスチャーで操作できる美麗なデザインのアラーム iPhone アプリケーション、『Wake Alarm Clock(旧称 Wake Alarm)』がアップデート。

Download : Wake Alarm Clock (App Store)
サポート : Wake

iPad 用には、『Wake Alarm Clock』があります。

Wake Alarm Clock』を起動すると、現在の時刻を表示するデジタル時計に。文字盤を回してアラームを鳴らす時刻を指定します。
screenshot

v.2.0 では、このほかにも文字盤を長押しすることで、音声で時刻を指定できるようになっています(但し、英語のみ)。下側のタブをタップすると、アラームを鳴らす曜日と、アラームを止めるためのアクションを3種類(端末を裏返す/振る/スワイプ)から指定できます。
screenshot

12種類のアラームサウンドを内蔵していますが、本バージョンで ミュージックライブラリの楽曲をアラームとして使えるようになりました。

最大8つのアラームをセットでき、アラームごとに曜日、サウンド、アラームを止めるためのアクションを指定可能です。画面を下に引くと作成したアラームを表示します。
screenshot

アラームを下にスワイプして、個別にオン/オフを切り替えられます。削除する場合には、いずれかのアラームをホールドすると、削除用の「×」マークを表示します。
screenshot

スヌーズ機能も搭載しています。アクションに「スラップ&フリップ」を指定している場合には、本物の目覚まし時計のように端末を叩く(正確には「環境光センサー」に反応させる)とスヌーズ、裏返しにするとアラームを止めることができます。
screenshot

画面を左へスワイプすると設定に切り替わり、スヌーズの間隔、アラーム音量などを変更可能。
screenshot
端末を電源につないで『Wake Alarm Clock』を起動したまま就寝することを推奨していますが、バックグラウンドでもアラームは鳴ります。起動したまま寝る場合には、画面を右へスワイプすると夜間モードに切り替わり、画面の明るさを気にせずに眠ることができます。

Download : Wake Alarm Clock (App Store)
サポート : Wake
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする