Adobe® VideoBite 2.1.1 [iPhone] – ムービー素材に写真も利用可能に、お気に入りのシーンをつなぎあわせてその場で公開できる

Adobe® VideoBiteお気に入りのシーンをつなぎあわせ、その場で公開できるムービー編集 iPhone アプリケーション

What’s New

  • Now use photos in the creation of your VideoBite
  • Re-designed editing panel makes it easy to make a movie and add effects
  • Add opening and ending titles
  • Add music to make your movie awesome. Use pre-loaded soundtracks, or add your own local iTunes tracks.

ひさしぶりの紹介です。

お気に入りのシーンをつなぎあわせ、その場で編集したムービーを公開できる iPhone アプリケーション『Adobe® VideoBite』がアップデート。

Adobe® VideoBite』を起動するとカメラロールの動画を表示するので、編集に使用する動画を選択するか、左上のビデオカメラのアイコンをタップして新規に撮影します。

v.2.1 からは「Photo」タブに切り替えて、内蔵カメラで新規に撮影した写真やフォトライブラリの写真もムービーの素材として使用できるようになっています。
screenshot

選択した動画を再生しながら、右下のハートのアイコンをタップしてお気に入りのシーンを選択。タップを繰り返すことで一つのムービーから複数のシーンを選択することができます。

写真の場合には、ムービーのアスペクト比に合わせて使用する領域を指定し、秒数を2~10秒の間で指定します。
screenshot

選択したシーンと写真は中央の編集タブに並べられ、ドラッグで順番の並べ替えも可能。

凝った編集に不向ですが、ムービーの冒頭と最後にタイトルカードをつけたり、
screenshot

クリップのつなぎに遷移エフェクトをつけたり、ムービー全体にフィルターをかけることができます。
screenshot

内蔵のサウンドトラックや ミュージックライブラリの楽曲を BGM に使用することも可能です。

いちばん右のタブに切り替えると、編集したムービーをプレビューできます。カメラロール/Adobe Revel に保存するほか、直接 YouTube、Facebook にアップロードして公開することも可能です。
screenshot

画面左上のホームアイコンをタップすると保存したムービーを表示し、後からでも共有することができます。
screenshot

サンプルで作成したムービーはこちら。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする