Mac App Store 雑感

Mac App Storeアナウンス通り、昨日1月6日に Mac App Store がオープンしました。

遅ればせながら、以下、ごく簡単なレビューと、ざっと使用してみての感想です。

Mac App Store を利用するには、Mac OS X 10.6.6 にアップデートする必要があります。Mac OS X 10.6 よりも前のシステムでは利用できません。
screenshot

Mac OS X 10.6.6 にアップデート後に再ログインすると、「アプリケーション」フォルダに「App Store」アプリケーションがインストールされています。Dock にも「App Store」アプリケーションのアイコンが置かれているので、簡単に起動できます。
screenshot

「Mac OS X ソフトウェア」だったアップルメニューの項目が「App Store」に変更され、ここからも「App Store」アプリケーションを起動可能です。
screenshot

Mac App Store からアプリケーションをダウンロードするには、Apple ID でサインインする必要があります。ボタンをクリックすると、アプリケーションのアイコンが Dock に飛んで入り、ダウンロードが始まります。下図は Twitter 公式クライアントアプリケーション『Twitter for Mac』。
screenshotscreenshot
ダウンロードしたアプリケーションはすべて Dock に置かれてしまうので、並べたくない場合には手作業で Dock から取り除く必要があります(Dock に置かないオプションがほしいところ)。

ここから話が少しややこしくなります。

Mac App Store 開始以前に開発元からダウンロードしてインストール済みのアプリケーションは、基本的に「インストール済み」の表示になりますが、中にはインストールしてあるのに「インストール済み」の表示にならないことがあります。
screenshot

インストール済みのアプリケーションのバージョン番号と、Mac App Store でのバージョン番号が異なる(インストール済みのものの方がバージョンが古い)と、「インストール済み」にならないようです。
screenshot
上図は Mac 版の『Evernote』ですが、開発元からダウンロードできるのは「バージョン 2.0」でユニバーサルアプリケーション、Mac App Store にあるのは「バージョン 2.0.1」で Intel アプリケーションになっています。「無料」アプリケーションの場合には、「無料」ボタンをクリックすればダウンロードして上書きしてくれます。

追記(1/8)
Twitter で情報をいただきました。
「インストール済み」の表示になるためには、アプリケーションのバージョン番号のほかに、「App Identifier」(プログラマではないのでわかりませんが、アプリケーションに付ける ID のようなもの?)が一致している必要があるそうです。

同じバージョン番号でも、開発元からダウンロードしたものと Mac App Store からダウンロードしたものでは、内容が異なるものもあります。

例えば、マインドマップアプリケーションの『MindNode』の場合、開発元からダウンロードしたもの(左)はユニバーサルアプリケーションですが、Mac App Store からダウンロードしたもの(右)は Intel アプリケーションです。
screenshot

開発元からダウンロードしたもの(左)にはアプリケーションメニューに「アップデートを確認」の項目がありますが、Mac App Store からダウンロードしたもの(右)からはなくなっています。
screenshot

Mac App Store 開始以前に開発元からライセンスを購入した有料アプリケーションも(バージョン番号が同じであれば)「インストール済み」として表示されました。下は『MindNode』の上位版『MindNode Pro』。
screenshot
個人的にはアップデートがあれば(追加購入ではなく) Apple ID に紐付けされて Mac App Store 経由でアップデートできる気がするのですが、「できない」という説も有り、情報が錯綜しているような・・・。(←結論:アップデートできませんでした)

アカウントにチャージしてある iTunes カードの残額で Mac App Store の有料アプリケーションも購入できました。購入したのはタイマーアプリケーションの『Minutes』。iOS アプリケーションの App Store と同じく「$1 = 115円」のレートで設定されているようです。
screenshot

一度購入したアプリケーションは削除してしまっても、無料で再ダウンロードできます。
screenshot

Mac App Store からダウンロードしたアプリケーションは、管理者アカウントでログインしていても「アプリケーション」フォルダの外に出すのに管理者パスワードの入力が必要になります。
screenshot

Mac 用のアプリケーションを簡単に購入/アップデートするために登場したはずの Mac App Store ですが、Mac OS X 10.6.6 以降が必要になる点や、価格レートなどを考えると、どこからダウンロード(または購入)するのがいちばん便利(お得)かしばらくは悩みそうな気がします(Mac App Store でのみダウンロード可能なアプリケーションを除く)。

みなさんはいかがですか?

About
Tom

Tom Cookです♪ ネバーランド生まれ。ネバーランド王立大学文学部史学科(日本昭和芸能史専攻)卒業後、二十歳のネバーランドの王子さま☆として活躍。現在はこりん星で療養中。

Tomをフォローする
Mac
スポンサーリンク
Tomをフォローする
life with i