TaskPaper 3 3.1 [Mac] – 相対日時で検索可能になった、ノートに書くような感覚で使えるタスク管理アプリケーションの最新版

TaskPaper 3Make lists and get organized. TaskPaper is a plain text to-do list that’s surprisingly adept. Thoroughly modernized. TaskPaper 3 is all new, while still retaining the same plain text design that’s been getting things done since 2006.

TaskPaper 3』は、ノートに書くような感覚でタスクを管理できることで愛用者も多い、プレーンテキストベースのタスク管理アプリケーションの最新版です。

キーボードから手を離さずにタスクを書き出し、整理

TaskPaper 3』にはサイドバーが加わり、プロジェクトリストを表示します。

  • タイトルの末尾に「:」 → プロジェクト
  • 冒頭に「-(半角スペース)」 → タスク
  • 何もつけない → メモ

として扱われます。

タスクを改行すると自動的に新規タスクを作成し、やらなければならないことを次々に書き出すことが可能です。

また、修飾キーと組み合わせて、

  • 「command」+「option」+「enter」キー → プロジェクト
  • 「command」+「enter」キー → タスク
  • 「command」+「control」+「enter」キー → メモ

を次の行に作成することもできます。
スクリーンショット

「command」+「control」+カーソルキーでリストの並べ替えや、上の項目の子項目に変換が可能。
スクリーンショット

アウトライン構造になっており、親項目の前にある「・」をクリックするか、「command」+「.」キーで子項目を折り畳み/展開することができます。
スクリーンショット

タスク項目の頭にある「-」をクリックするか、「command」+「D」キーを押すと棒線が引かれ、完了を意味する「@done」のタグと日付が記入されます。
スクリーンショット

タグでタスクを管理

項目に自由にタグをつけることができ、「@」を入力すると既存のタグを候補として表示します。
スクリーンショット

タグはリンクになっており、クリックすると同じタグがつけられた項目をフィルタリングして表示します。
スクリーンショット

「and」「or」「not」の論理演算子を用いた検索にも対応しています。
スクリーンショット

「command」+「\」キーを押すと、選択中の項目をほかのプロジェクトに移すことができます。
スクリーンショット

サイドバーをクリック、もしくは「command」+「L」キーで選択したプロジェクトにフォーカスすることも可能です。
スクリーンショット

相対日時でタスクを検索可能に

旧バージョンでもタスクが完了すると日付が入り、ほかのタグにも日時を記入することはできましたが、『TaskPaper』が日時として認識しなかったため検索が不便でした。

TaskPaper 3』ではその点が改良され、相対日時でタスクを検索可能になりました。ここでは下図のように「@due」タグに日付を指定しています。
スクリーンショット

TaskPaper 3』は [d] と入力することで日時を認識するようになり、半角スペースを挿入した後、検索期間を指定します。

これから3日以内に実行するタスクであれば、[d] の前に「以内」を意味する「<=」を入力し、「@due<=[d] 3days」とします。 スクリーンショット

逆に3日より先の日付を指定しているタスクを検索する場合には、「>=」を入力し「@due>=[d] 3days」とします。
スクリーンショット

さらに『TaskPaper 3』では、「@search」タグを用いて検索条件の保存も可能になりました。

リストの好きなところにタイトルを入力し、「@search」タグに続いて括弧で検索条件を括ることでサイドバーに保存され、いつでもワンクリックで検索することができます。
スクリーンショット

また、「commnd」+「control」+「A」キーを押すと、完了したすべての項目を「Archive」に移してくれます。
スクリーンショット

Mac App Store 以外にも、開発元から試用版をダウンロード/購入できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする