発表! 第5回 life with i 賞(その7)

今年もやります(笑)。

life with i 賞とは、「年末は開発者さんもお休みモードで、書きたいネタがあまり出てこないんだよねぇ~」ということで2006年に安易に創設され、選考委員の Tom 個人が感動した作品に贈られる権威のかけらもない賞であります。

候補作は、その年に最初のバージョンがリリースされ、かつこのブログ(もしくは旧ブログ)で紹介したことがある作品。つまりは「来年もがんばって開発してくださいよ~」と開発者にエールを送るとともに、暗に「来年もアップデートして、うちのブログにネタを提供してね(超はぁと)」とプレッシャーをかける賞でもあります。

受賞作は選考委員の Tom の独断と偏見によって選出され、受賞したソフトの開発者には Tom の熱いまなざしが贈呈されます。

昨年までとは次の点が異なります。

  1. 名称を「PISCES 賞」から「life with i 賞」に変更(ブログを移転したため)
  2. iPad アプリケーション部門を新設
  3. 各部門の受賞作を5作品から3作品にした

それでは、発表しましょう! Mac オンラインウェア部門最後の受賞作は・・・・・

Magic Launch

Magic Launchダブルクリックでファイルを作成したアプリケーションで開けるようにする環境設定パネル
Download : Magic Launch

おめでとうございま~す(パチパチパチ)。

Mac OS X 10.5 Leopard までは、ファイルをダブルクリックすると、クリエータコードを参照して作成したアプリケーションでファイルを開くことができました。ところが Mac OS X 10.6 Snow Leopard では、クリエータコードを無視する仕様に変更されたため、ダブルクリックするとすべてデフォルトのアプリケーションで開くようになりました。

環境設定パネルの『Magic Launch』を使えば、最初に設定をおこなう必要があるものの、クリエータコードを参照して作成したアプリケーションでファイルを開けるようになります。『Magic Launch』の左側のパネルに作成したアプリケーションで開くようにするファイルをなにか一つドラッグ&ドロップ。
screenshot

もしくは左下にある「+」ボタンをクリックして、拡張子でファイルタイプを指定します。
screenshot

あとは「Open with creator application when possible」にチェックを入れておけば、ドロップしたものと同じタイプのファイル(ここでは text)にクリエータコードがついていれば、ダブルクリックした時にデフォルトのアプリケーションではなく、作成したアプリケーションで開くようになります。
screenshot

また、フォルダ/ファイル名/拡張子、テキスト/hex/ASCII の内容などを条件にルールを作成し、合致するファイルのみを指定したアプリケーションで開くようにもできます。
screenshot

複数のルールを作成可能です。
screenshot
Magic Launch』に登録したファイルタイプの書類がすべてバックグラウンドで動作する「Magic Launch Agent」で開くように設定され、「Magic Launch Agent」がクリエータコードや作成したルールに従ってアプリケーションに書類を渡して開きます。

ファイルを開くのにアプリケーションではなく、シェル・コマンドを使用することも可能です。
screenshot

Mac OS X 10.6 Snow Leopard 専用の環境設定パネルです。

Download : Magic Launch
About
Tom

Tom Cookです♪ ネバーランド生まれ。ネバーランド王立大学文学部史学科(日本昭和芸能史専攻)卒業後、二十歳のネバーランドの王子さま☆として活躍。現在はこりん星で療養中。

Tomをフォローする
life with i 賞Mac
スポンサーリンク
Tomをフォローする
life with i