Pastebot 1.4 [iPhone]

Pastebotクリップボードマネージャー iPhone アプリケーション

What’s New

  • Added "Send as Text" option (4.0 and greater only)
  • Added single tap to view images as full screen (3.2 and greater only)
  • Improved background behavior
  • Various bug fixes

ひさしぶりの紹介です。

iPhone のクリップボードの内容をストックして、あとから選択してペーストできるようにするクリップボードマネージャー iPhone アプリケーション、『Pastebot』がアップデート。

ほかのアプリケーションでテキストや画像をコピーしておいて、『Pastebot』を起動すると自動的にクリップボードの内容がストックされます。ストックした項目はタップしてクリップボードに戻すことができるので、あとからほかのアプリケーションにペーストして利用できます。
screenshot
Pastebot』のクリップボードには直近の200件までしかストックできませんが、フォルダ分けすることでそれ以上のストックが可能になります。右上の「編集」ボタンをタップして編集モードにすると、選択した複数のクリップをまとめて削除/移動できます。

ホーム画面で分類用のフォルダを複数作成可能。クリップの移動時にも新規フォルダを作成できます。本バージョンで「設定」画面に「バックグラウンド」のオプションが加わり、iOS 4 以降であれば、『Pastebot』終了後も10分間バックグランドで動作し、『Pastebot』とほかのアプリケーションを行き来しなくてもクリップボードにコピーしたクリップを保存できるようになりました(デフォルトではオフになっています)。
screenshot

タイムアウトするとプッシュ通知してくれるので、必要であれば再度『Pastebot』を起動します。
screenshot

ストックした項目をクリップボードに戻すだけでなく、アクションメニューからテキストの内容を Google で検索したり、URL を内蔵ブラウザで開いたり、メールで送信できます。iOS 4 以降であれば、テキストの内容を SMS で送信できるようにもなりました。
screenshot

「HTML タグで囲む」などのフィルタを適用してテキストを整形して保存することもできます。画像の場合には、メール送信するほか、カメラロールに保存も可能。
screenshot

フィルタ処理、回転、トリミングなどの簡単な編集もおこなえます。設定でデフォルトの読み込み先を変更することもできます。
screenshot

開発元で配布されている『Pastebot Sync』環境設定パネル(無料)を Mac にインストールしておけば、Wi-Fi ネットワークで接続している Mac とクリップボードの同期も可能です。
screenshotscreenshot
Mac でコピーしたテキスト・画像が自動的に『Pastebot』にストックされ、逆に『Pastebot』で選択したクリップを Mac のアプリケーションにペーストできます。

日本語ローカライズは、E-WA さん。