CAMERAtan 3.4 [iPhone] – PhotoAppLink、メール・Twitter 投稿に対応。さまざまなトイカメラ風エフェクトを搭載したアプリケーション

CAMERAtan撮影環境で表情をかえるリアルなエフェクトを搭載した iPhone アプリケーション

What’s New

  • iOS5対応(今回のアップデートからiOS4.3以上が必要となります)
  • 公式twitter投稿に対応(iOS5以上が必要)
  • メール投稿に対応
  • PhotoAppLink(送信のみ)に対応
  • 加工の手順を見直し高速化
  • 最小サイズの解像度を共有に適した600pxに変更

写真にさまざまなトイカメラ風のエフェクトをかけられる iPhone アプリケーション、『CAMERAtan』が約8ヶ月ぶりにアップデート。

本バージョンから、システム要件が iOS 4.3 以降に変更されていますので、ご注意ください。
screenshot

ツールバーのアイコンをタップして内蔵カメラで新たに撮影するか、フォトライブラリから写真を読み込みます。いずれの場合も「NORMAL mode」と、正方形に切り抜いて加工する「SQUARE mode」を選択できます。
screenshot

写真を読み込むと、エフェクトの選択画面に切り替わります。「RESOLUTION」で書き出し時の解像度を「600px」「1200px」「Original」から選択。スワイプで画面を切り替えることができ、画面は4面、全部で40以上のエフェクトが用意されています。
screenshotscreenshot

画面左下の「Random」をタップすると、ランダムに選ばれたエフェクトがかかります。エフェクトの名称を一瞬表示しますが、後から確認したい場合には、プルダウンすると表示します。
screenshot

トレイのアイコンをタップすると、加工した写真をカメラロールに保存します。新しくツールバーに加わった右側のアイコンをタップすると、「Send Image To」画面に遷移し、メール・Twitter 投稿のほか、「PhotoAppLink」ライブラリを採用したほかのアプリケーションに送ることができます。
screenshot
Twitter への投稿は、iOS 5 の Twitter 認証を利用しているため、iOS 4 では利用できません。

ここでは「RichBlack」エフェクトを使用しています。同じエフェクトでも、パターンを変更することで、少しずつ違う感じの写真に仕上げることができます。

オリジナル パターン1
パターン2 パターン3

の順に並べてあります。
samplesample

また、2枚の写真を使用して多重露光で遊ぶこともでき、ある条件を満たすと隠し機能の「INStan」エフェクトが出現し、2枚目のようなインスタントカメラ風の写真に加工できます。
screenshot
多重露光の加工方法については、以前の記事を、「INStan」エフェクトの出現方法については、作者さんのブログの解説をご参照ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする