Index Card for iPhone 1.0.0 [iPhone] – アウトラインをまとめるのに役立つカードタイプのアイデアノートアプリケーション

Index Card for iPhoneCapture. Organize. Compile.

The popular iPad app is now available for iPhone & iPod touch. Index Card is a simple, but powerful, non-linear writing tool, now designed for iPhone. Capture your ideas and store notes as they come to you. Organize the flow of your project. Compile your work into a single draft document that can be read by most word processors. Index Card will assist in writing, structuring, and managing a large project by allowing you to work in small easily manageable chunks. Whether you are a novelist, screen writer, academic researcher, comic writer, or journalist, Index Card can help you get it out of your brain and on to the page.

先にご紹介した、論文や小説などのアウトラインをまとめるのに役立つ iPad アプリケーション『Index Card』の iPhone 版です。
screenshot

Download : Index Card for iPhone (App Store)
サポート : Apps Dock – DenVog

新規プロジェクトを作成し、「+」ボタンをタップしてカードに概要を書き出します。
screenshot

iPad 版と同様に、カードにメモを書き込んだり、カラーラベルをつけることができますが、ラベルについては後述するようにカード編集画面でしか確認できません。

作成した順にカードが並び、下のバーにカードの枚数が表示されます。
screenshot

編集モードにすると、カードの並べ替えや、選択したカードを既存のほかのプロジェクトに移動したり、スタックにまとめることが可能です。
screenshot

端末を横方向に回転するとカード表示に切り替わり、左右にスワイプしてカードをめくって話の流れを確認できます。

iPad 版と異なり、設定したラベルの色は反映されず、白一色です。また、現行のバージョンには、フォント・サイズの設定がなく、日本語の場合、タイトルの文字が欠けて表示されてしまうのが残念なところです。
screenshot

メモを書き込んだカードの右下には矢印のアイコンがつき、タップすると回転してメモの内容を確認できます。
screenshot

スタックにまとめたものは下のようにクリップでとめられて表示されますが、iPad 版と異なり、タップしてもカードを表示しないので、アウトライン表示でスタックを選択する必要があります。
screenshot

アクションボタンから、作成したプロジェクトを書き出せます。書き出しのファイルフォーマットには、テキスト・RTF・「Indexcard」を選択でき、iTunes のファイル共有機能を使って Mac / PCに取り込めるほか、メール送信、Dropbox に送ることが可能です。
screenshot

iPhone 版はプレビュー機能を備えていませんが、RTF フォーマットで書き出すと下のような感じになります。
screenshot

「Indexcard」ファイルは互換性があるので、『Dropbox』アプリケーションで開いたり、メールに添付されたものを「Open in…」メニューで iPad 版に渡して編集することができます。

iPhone 版では反映されないカラーラベルも、iPad 版では正しく表示されるのが確認できます。
screenshot

Download : Index Card for iPhone (App Store)
サポート : Apps Dock – DenVog

iPad 版はこちら。

Download : Index Card (App Store)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする