MAU M&L 博物図譜 1.1 [iPhone] [iPad] – ユニバーサル化で iPhone に対応、「武蔵野美術大学 美術館・図書館」所有の貴重書を高精細画像で閲覧できる

MAU M&L 博物図譜武蔵野美術大学 美術館・図書館」が所有する、17世紀から19世紀の貴重書を閲覧できる公式アプリケーション

What’s New

  • iPhone/iPadユニバーサルアプリ化。
  • 荒俣宏(武蔵野美術大学客員教授)解説による映像コンテンツ『博物図譜の楽しみ方』を収録。
  • 全ページで縦位置・横位置に対応。

東京都小平市にある武蔵野美術大学の「美と知」の統合をあらわす新しいシンボルとしてリニューアル開館した「武蔵野美術大学 美術館・図書館」が所有する、17世紀から19世紀の貴重書を閲覧できる公式アプリケーション『MAU M&L 博物図譜』がアップデート。

本バージョンでユニバーサル化され、iPhone にも対応しました。

利用には、インターネットへの接続が必要です。ホーム画面から、タイトル順、カテゴリ順、年代順に並べ替えて、書籍をさがせます。
screenshot

右側の「i」アイコンをタップすると、書籍情報と解説を表示し、表紙画像をタップすると、その書籍のページ一覧のサムネイルから好きなページを選んで閲覧できます。
screenshot

スワイプで前後のページに遷移します。どのページもピンチ操作で拡大可能。精緻な印刷表現の細部を隅々まで見ることができます。
screenshotscreenshot

解剖図・航海記・博物誌の貴重書30数点を閲覧可能です。
screenshot

また、武蔵野美術大学客員教授・荒俣宏氏による解説ビデオコンテンツが新設されています。iPhone 版では、ホーム画面を右にスワイプするか、左下の「<」アイコンをタップすると、コンテンツ一覧を表示します。
screenshotscreenshot

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする