addLib S 1.5.1 [iPhone] – iPhone 5 の4インチディスプレイに最適化、簡単な操作で写真から無限のグラフィックアートを作り出せる

addLib S写真から無限の美しいグラフィックアートを作り出せる iPhone アプリケーション

What’s New (v.1.5)

  • iPhone 5 に対応しました
  • アプリ名が addLib S に変わりました

ひさしぶりの紹介です。

写真からおしゃれなグラフィックアートを作り出せる iPhone アプリケーション『addLib』が名称を『addLib S』に改めてアップデート。v.1.5 から iPhone 5 / 第5世代 iPod touch の4インチディスプレイにも最適化されています。
screenshot

Download : addLib S (App Store)
サポート : AppArt

使い方は簡単です。

addLib S』を起動したら画面左下のカメラのアイコンをタップして、内蔵カメラで新規に撮影するか、フォトライブラリから写真を読み込むと、3点のグラフィックアートをランダムに生成します。
screenshot

スワイプで左右の作品に切り替えることができ、タップでズーム表示します。気に入った作品がない場合にも、画面下部中央のアイコンをタップすると新しい作品を生成可能で、デザインバリエーションは無限にあります。
screenshot

フォルダのアイコンをタップすると、表示中の作品を1920*2568 ピクセルの解像度で保存できるほか、Twitter などの SNS で共有可能。Twitter にポストする場合には「addLibS」のハッシュタグを自動的に挿入します。
screenshot

「Customize」ボタンをタップするとパネルを表示し、作品で使用する写真の中心部分を指定することができます。
screenshot

「Text Mode」を「User」に切り替えて、作品で用いるフレーズを指定することも可能です。変更内容は次に生成する作品から適用されます。
screenshot

一見ランダムにレイアウトしているように見えますが、開発元によると、グリッドシステム、フラクタル理論、黄金比、顔認識など、さまざまな理論を組み合わせて、デザインを作り出しているそうです。

Download : addLib S (App Store)
サポート : AppArt
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする