MPro 1.4.3 [iPhone] [iPad] – ライブプレビュー機能を搭載し、非圧縮 TIFF フォーマットでも保存できるモノクロ写真に特化したカメラ

MProMPro Appはモノクロ写真に特化したアプリです。

撮影から保存まで非圧縮の高品質プロセスで行います。
非圧縮TIFFへの保存を可能にしています。この処理により、iPhoneのカメラを生かしたシャープな写真を撮影する事が出来ます。
もちろんJPEGでの保存をサポートしています。

MPro』は、モノクロ写真に特化した、iOS 用のカメラアプリケーションです。

ライブプレビュー機能を備え、リアルタイムにモノクロエフェクトがかかった光景を確認しながら撮影できます。

Download : MPro (App Store)
サポート : MPro | Note

オートフォーカス、タップ・トゥ・フォーカスが使えるのはもちろん、フォーカスと露出を異なる位置に指定することも可能です。それぞれロックされると、ターゲットが緑色で表示されます。
screenshot
右側の「M」ボタンをタップするとメニューを表示します。左から2つ目は、モノクロの特性を選ぶもので、「FL」はRGBすべてにフラットなもの、「AX」はRが強め、「X4」はBが強め、「F4」はGが強め、「NP」はRが強めとなっています。

右から2つ目は、レンズにカラーフィルターを取り付けた場合にどのようになるかをエミュレーションするもので、6種類から選択できます。
screenshot

いちばん右にあるのはトーン調整スライダーで、値が大きいほどコントラストが強くなります。
screenshot

「D」ボタンをタップすると、ディスプレイの情報表示を切り替えます。フォーカス/露出のターゲットのほか、情報、グリッド、水準器を表示させることが可能です。
screenshot
画面右上のギアアイコンをタップすると設定メニューを表示し、フォーマット、保存形式、解像度を選択できます。保存形式については、非圧縮の TIFF フォーメットも選択できます。変更した内容を3つまで保存しておくことができ、メニューから簡単に切り替え可能です。

Exif に撮影者情報、著作権情報も記録可能。編集は「設定」アプリケーションにある『MPro』の設定でおこないます。ジオタグをつけることも可能です。
screenshot
初期設定では、フォトライブラリに「MPro」アルバムを作成するようになっているので、不要な場合には「アルバムへ保存」をオフにします。

シャッターボタンの左上にある窓からカメラロールの写真に素早くアクセスでき、Flickr にアップロードしたり、iOS の共有機能を使って SNS で共有できるようになっています。
screenshot

iPad にも対応しているユニバーサルアプリケーションです。
screenshot

Download : MPro (App Store)
サポート : MPro | Note
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする