Video Filters 2.1 [iPhone] [iPad] – 共有機能を追加、約100種のリアルタイムビデオフィルターを搭載した多機能ビデオカメラ

Video Filters約100種のリアルタイムビデオフィルターを搭載し、フィルターの重ねがけも可能なビデオカメラカメラ iPhone / iPad アプリケーション

What’s New

  • NEW Sharing Features
  • NEW Roundtrip Support for Vizzywig®
  • NEW FREE Filters
  • PAUSE & RESUME Button
  • NEW Internal Media Library
  • ADDED Full Support for PHOTOS
  • TRUE Optical Slow-Motion
  • Mark Filters as FAVORITES
  • New SCRATCHES Pack – Only $0.99
  • New PAINT Pack – Only $0.99
  • VIDEO Trimming
  • Full iOS 7 Support

フィルターの重ねがけにも対応している、多機能ビデオカメラ iOS アプリケーション、『Video Filters』がアップデート。

画面を上下にスワイプするとメニューを表示し、項目を選択後、左右にスワイプすることでコントラスト/彩度/ガンマ/明度を調整可能。
screenshotscreenshot

タップ・トゥ・フォーカスが使え、ダブルタップするとフォーカス/露出をロックします。トリプルタップするとターゲットを表示し、フォーカス/露出/ホワイトバランスを異なる位置に指定し、ロックすることができます。
screenshot

画面左上のギアアイコンをタップすると、アスペクト比、フレームレート、グリッド表示などの設定をおこなえます。
screenshot

画面下側の「Tap to Choose Filter」の箇所をタップするとバーを表示。選択したフィルターがかかった映像に切り替わり、リアルタイムプレビューでビデオ撮影できます。
screenshot

「More」を選択すると、すべてのフィルターを表示します。約100種のビデオフィルターを搭載(一部アドオン購入が必要)しており、よく使用するフィルターにスターをつけることで、バーにフィルターを表示することができます。
screenshot

ポートレートモード、ランドスケープモード、どちらでも撮影可能。

撮影中にズームすることもでき、右下のボタンをタップすると録画を一時停止/再開できます。カメラのアイコンのボタンをタップすると、フィルターがかかった状態でフル解像度の写真を撮れます。
screenshot

初期設定では、撮影したビデオ/写真を『Video Filters』のライブラリに保存するようになっています。
screenshot

ライブラリのビデオ/写真をプレビューでき、右上の「SPEED」ボタンをタップすると、1/16〜16倍速の間で再生速度を変えて保存できます。
screenshot

ここでほかのフィルターを選択することで、フィルターを重ねがけしたビデオを作ることが可能です。
screenshot

v.2.0 で共有機能が加わり、『Video Filters』から直接アップロードできるようになりました。
screenshotscreenshot

撮影するだけでなく、「+」ボタンをタップしてカメラロールに保存してある動画/写真を読み込み、フィルターをかけて編集することも可能です。
screenshot

iPad にも対応しているユニバーサルアプリケーションです。
screenshot

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする