Camera+ 4.2 [iPhone] – iCloud に対応し複数のデバイスで写真を同期可能、撮影/編集/共有を一本でこなせる多機能カメラ

Camera+撮影/編集/共有を一本でこなせる多機能カメラ iPhone アプリケーション

ひさしぶりの紹介です。

撮影/編集/共有を一本でこなせる多機能カメラ iPhone アプリケーション、『Camera+』がアップデート。

Download : Camera+ (App Store)
サポート : Camera+ …究極のフォトアプリ

通常の撮影のほか、本体の揺れが収まった時にシャッターを切る手ブレ防止、タイマー、連続撮影をおこなえ、「Square Crop」をオンにすると、スクエアフォーマットで撮影できます。

タップ・トゥ・フォーカスに対応していますが、2本指でモニタをタップするとフォーカスと露出を異なるところに指定し、フォーカス/露出/ホワイトバランスをそれぞれロックすることも可能です。
screenshot

初期設定では、撮影した写真は『Camera+』のライブラリ「Lightbox」に保存されるようになっています。編集機能も備えており、撮影シーンに合わせた補正や、エフェクト/ボーダーを写真につけることができます。
screenshotscreenshot

エフェクトは、「Advanced」をタップして強度の調整が可能。「Add Effect」をタップし、エフェクトを重ねがけすることもできます。エフェクトの順番の並べ替えにも対応してます。
screenshot

ボーダーは、「Captions」をタップして、手書き風フォントでキャプションを入れることができます(手書き風にはなりませんが日本語にも対応しています)。入力したテキストだけでなく、現在の時刻や、ジオタグを元にして撮影場所を挿入することも可能です。
screenshot

「i」アイコンをタップすると、写真の詳細情報を表示。『Camera+』で使用したエフェクト/ボーダーの種類も確認できます。

編集した写真を SNS で共有できるほか、iOS の「Open in…」に対応したアプリケーションに送ることも可能です。
screenshot

フォトライブラリから写真をインポートして同様の編集をおこなうこともできます。

画面右下のアイコンをタップすると、設定を表示します。

「AutoSave」で、写真の保存先をカメラロール(あるいはカメラロールと「Lightbox」両方)に変更可能。初期設定では、オフになっていますが iCloud にも対応しており、「Lightbox」の写真を複数のデバイスで同期できます。
screenshot

日本語環境では日本語メニューになりますが、「Language」で英語メニューにすることもできます(ここでは英語メニューにしています)。

Download : Camera+ (App Store)
サポート : Camera+ …究極のフォトアプリ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする