Monolingual 1.5.8 [Mac] – OS X Mavericks に対応、不要な言語リソースを削除してディスクの空き容量を増やすことができる

Monolingual不要な言語リソースを削除し、ハードディスクの空き容量を増やすアプリケーション

What’s New

  • Fixed default language selection on Mavericks.
  • Added sk_SK.lproj for Slovakian localizations.
  • Added fil.lproj for Filipino localizations.
  • Added es_419.lproj for Spanish localizations.

ひさしぶりの紹介です。

多言語に対応している OS X のシステムやアプリケーションに含まれている不要な言語リソースを削除して、ハードディスクの空き容量を増やしてくれるユーティリティ『Monolingual』が OS X Mavericks に対応してアップデート。

Download : Monolingual

使い方は簡単。

使用しない言語にチェックを入れて、「削除」ボタンをクリックするだけです。
screenshot

アプリケーションによっては、日本語リソースが含まれていないものもあるので、日本語環境で使用している場合にも英語リソースは残すようにしてください。
screenshot

削除した言語リソースが後で必要となった場合には、OS やアプリケーションを再インストールする必要があるので、注意しましょう。
screenshot

「ヘルパーツール」をインストールするため、初回のみ管理者パスワードの入力が必要になります。指定した言語リソースの削除を開始し、処理が完了するとダイアログで通知。節約できたディスク容量も表示します。
screenshot
インストールしているアプリケーションの数にもよりますが、自分の環境では、日本語と英語以外の言語リソースを削除しただけでも約3.5GBの空き容量が増えました。

環境設定で、削除するディレクトリを指定できます。
screenshot

言語リソース以外にも、ユニバーサルアプリケーションから使用しないプログラムコードを削除する機能も備えています(自己責任でお願いします)。
screenshot

Download : Monolingual