Calendars 5 5.0 [iPhone] [iPad] – iOS 標準カレンダー/リマインダー、Google カレンダー、Google タスクと同期できるカレンダー

Calendars 5Calendars 5 is complete re-imagining of what the best mobile calendar experience should be.

Calendars 5 is smart, excels in both tasks and events and runs on any iOS device you might have. It’s the calendar app you have been looking for.

Calendars 5』は、iOS 標準カレンダー、Google カレンダーと同期するシンプルなデザインのカレンダーアプリケーションです。

Download : Calendars 5 (App Store)
サポート : Readdle

初回起動時に iOS 標準カレンダー/Google カレンダーのどちらと同期するか選択するようになっていますが、いずれを選択した場合にも、設定であとから iOS 標準カレンダー/Google カレンダーを追加できます。

タスクに関しては、同期しないローカルタスクが用意されていますが、「Task Options」で iOS 標準リマインダー、Google タスクのいずれか一方と同期するようにできます。
Calendars 5 50 01

イベントとタスクを併せて表示し、カレンダービューではタップでイベント/タスクの詳細をポップアップで表示します。ビューを切り替えるには、画面右上のアイコンをタップ。
screenshot

検索も可能なリストビューと、日/週/月ビューがあります。
screenshot

日/週/月ビューでは、ドラッグしてイベント/タスクの日時を変更可能。左右にスワイプすると、前後の日/週/月に切り替わり、左上の日付の部分をタップすると現在の日/週/月に戻ります。

長押しすると表示するメニューで「Copy」を選択すると、同じ内容でイベント/タスクを複製(Paste)することができます。
screenshot

イベントを追加するには、画面右上の「+」アイコンをタップするか、追加したい日付の上でホールドします。

英語であれば「Meet John at Starbucks on Sunday」のような自然な文章をタイプするだけで、日付/場所を設定したイベントを追加可能です。「9/20」と入力すれば「9月20日」、「8-10」と入力すれば「8時から10時」と認識するので、日本語の場合にもそれほど問題はないかもしれません。
screenshot

場所を設定したい場合には、「at + 場所」と入力することで認識します。必要であれば、アラーム、繰り返しの設定も可能です。
screenshot

もちろん標準の「カレンダー」アプリケーションのように、ピッカーを使ってイベントの日時を設定することもできます。『Calendars 5』では、独自のデザインのピッカーを使用しています。
screenshot
繰り返しの設定も独自のものです。「Custum」を選択すると、「隔週の○曜日と●曜日」のような複雑な繰り返しも設定できます。

タスクは、「Tasks」画面でリストを選択して追加します。入力フィールドにタイトルを入力し、「次へ」キーを押すことで次々にタスクを追加できるようになっています。
screenshot

タスクをホールドすると左側にリストを表示し、ドラッグ&ドロップで任意のリストに移すことができます。
screenshot

iPad にも対応しているユニバーサルアプリケーションです。
screenshot

iPad 版では、日ビューとリストビューが一つにまとめられており、年間カレンダーを表示する「Year」タブが設けられています。
screenshotscreenshot

Download : Calendars 5 (App Store)
サポート : Readdle