EveryTwitteIt! 1.8 [Mac]

EveryTwitteIt!Mac 上の身近な情報を素材にツイートする専用ツール(メールウェア Universal)

What’s New

  • TwitPicのAPI v2 (OAuth Echo認証)に対応するプログラムを改良。
  • TweetPhotoへの写真投稿機能を新規追加。

Mac 上の身近な情報を簡単にツイートできる、『EveryTwitteIt!』がアップデート。

Download : THE POOH FILES

EveryTwitteIt!』を起動し、環境設定で Twitter アカウント情報を設定しておくと、メニューバーのアイコンから項目を選択して簡単にツイートすることができます。
screenshot

「なう ツイート!」では、通常のツイートも可能。
screenshot

入力フィールドの左下のアメリカの国旗のボタンをクリックすると、機械翻訳ですが入力したテキストを英語に翻訳できます(環境設定で「日本語のツイートを英訳する機能を利用する」オプションを有効にする必要があります)。
screenshot

ユーザ名を入力してダイレクトメッセージの送信も可能。
screenshot

一度送信したユーザ名は最大50件まで自動的に登録され、プルダウンメニューから選択できます。オートコンプリート機能を搭載しているので、最初の数文字を入力するだけで登録済みのユーザ名が候補として表示されます。
screenshot

「なう 写真を投稿!」では、Finder や iPhoto で選択した写真を読み込んで、メッセージといっしょに Twitter と連携する写真サービスに投稿可能。
screenshot

そのほか、Safari で閲覧中の Web ページ情報や、閲覧中のページの選択したテキストをツイートする機能、
screenshotscreenshot

iTunes で再生中の曲情報をアートワークといっしょに投稿する機能、
screenshot

Mac のスクリーンキャプチャをメッセージといっしょに投稿する機能、
screenshotscreenshot

「アドレスブック」で選択したカードに登録してある名前(と URL)、
screenshot

Mail で受信したメールの件名/選択した本文、iCal に登録済のイベント(下図)をツイートする機能を備えています。
screenshot

環境設定で、ツイートする時のフレーズをカスタマイズ可能です。本バージョンで、画像のアップロード先に「TweetPhoto」を選択できるようになりました。
screenshot

Download : THE POOH FILES