OnyX 2.1.5 [Mac]

OnyX多機能なシステムユーティリティソフト(フリーウェア Universal)

What’s New

  • Show/hide the alert message at first launch of downloaded applications
  • Displaying the Maintenance Scripts Logs
  • Deleting temporary items improved
  • Deleting Mobile Devices CrashReporter
  • Deleting Internet Cache improved
  • Deleting User Cache improved
  • Choose the panel to open automatically at launch
  • Utilities < Find panel improved
  • Verify < Preferences panel improved
  • Misc Minor modifications
  • Deleting some localizations

システムユーティリティの定番、『OnyX』がアップデート。

ユニバーサルアプリケーションになっていますが、Mac OS X 10.6 Snow Leopard 専用ですので、Leopard, Tiger, Panther, Jaguar をお使いの方は、それぞれの専用バージョンをお使いください。

本バージョンで「各種設定」パネルの「一般」タブに、ダウンロードしたサードパーティーのアプリケーションの初回起動時に表示される警告をオフにするオプションが加わりました。
screenshot

メンテナンスをおこなう前に、ハードディスクドライブの自己診断機能「S.M.A.R.T.」でチェックし、起動ボリュームの検証をおこなうことが推奨されています(キャンセルすることも可能ですし、環境設定の「詳細設定」タブでダイアログの表示をオフにもできます)。
screenshotscreenshot

管理者パスワードを入力すると、「メンテナンス」パネルで、アクセス権の検証・修復、メンテナンススクリプトの実行や、LaunchServices データベースなどの再構築を、
screenshotscreenshot

「クリーニング」パネルで、アプリケーションやシステムのキャッシュなどを削除できます。
screenshot

システムメンテナンスだけでなく、「各種設定」パネルでシステムや Mac OS X に付属しているアプリケーションのさまざまな隠し機能を引き出すことも可能です。
screenshot

また、環境設定の「インターフェース」タブで、『OnyX』起動時に開くパネルを選択できるようになっています。
screenshot

OnyX』が不要になった場合には、「OnyX」メニューの「OnyX をアンインストール…」を選択すると、関連ファイルとあわせてアンインストールできます。
screenshot

一部未訳の箇所がありますが、日本語ローカライズは E-WA さん。