WebCollector 2.0 [iPhone] [iPad] – ユニバーサル化で iPad に対応、Web ページ全体のスクリーンショットを撮影できる

WebCollectorWeb ページ全体のスクリーンショットを撮ることができる iPhone / iPad アプリケーション

What’s New

  • iPad対応。

画面には見えないはみ出た部分まで Web ページをキャプチャできる『WebCollector』がアップデート。
screenshot

Download : WebCollector (App Store)
サポート : WebCollector

本バージョンでユニバーサル化され、iPad にも対応しました。

WebCollector』の内蔵ブラウザで Google を開くので、スクリーンショットを撮りたいページを検索。
screenshot

ツールバー中央のカメラのアイコンをタップすると、開いている Web ページをキャプチャしてプレビューを表示します。
screenshotscreenshot

スクロールすると、画面に表示されている部分だけでなく、Web ページ全体がキャプチャされているのがわかります。
screenshot

キャプチャした画像を保存するだけでなく、メール・FacebookTwitter(要 iOS 5 以降)で共有も可能。
screenshot

ページの URL と併せて Evernote に保存もできます。
screenshot

よくアクセスするページは、アドレスバー右側の星印のアイコンをタップしブックマークしておくと便利です。

カメラで QR コードを読み取って、Web ページを開くことも可能。Safari で閲覧しているページも、URL の先頭に「wc:」を付けることで『WebCollector』で開けます。
screenshot

iPhone 版と同様に、Web ページのキャプチャのほかにも、表示中のページのソース閲覧機能、リンクの有効チェック機能を備えています。
screenshot

キャプチャ画像の解像度は、iPhone では横幅640ピクセル、iPad では横幅768ピクセルになるようです。

Download : WebCollector (App Store)
サポート : WebCollector