WWF Together 2.0 [iPhone] [iPad] 〜 ユニバーサル化で iPhone にも対応、絶滅のおそれのある野生動物について学べる WWF 公式アプリケーション

WWF Together絶滅のおそれのある野生動物について学べる、自然環境保護団体 WWF 公式 iPhone / iPad アプリケーション

What’s New

  • Limited-time purchase of the Earth story with exclusive new interactions, content and share experience.
  • Now available for iPhone with brand new experiences: race a jaguar, try and out-jump a snow leopard, and explore 360 images of 10 species habitats.
  • Pose with each animal’s origami or place it in a scene to create your own unique shareable photo.
  • Updated content with latest wildlife and conservation news.

ひさしぶりの紹介です。

栄えある(ない、ない)「第8回 life with i 賞」を受賞した、絶滅のおそれのある野生動物についてインタラクティブに学べる『WWF Together』がアップデート。

ユニバーサル化で iPhone にも対応

本バージョンでユニバーサル化され、iPhone にも対応しました。
スクリーンショット

「ENTER」をタップすると動物の解説を表示。

iPhone 版は左へスワイプしてストーリーを切り替える仕様になっており、画面上部に続きがあることを示すインジケーターがあります。画面にストーリーが収まらない場合には、下側に矢印を表示します。
スクリーンショット

解説は英語ではあるものの、動物の動画や写真、インタラクティブなコンテンツを収録しており、動物好きの方なら見ているだけでも楽しめそうです。
スクリーンショット

最後の画面で「Fold Up」をタップすると、写真が折り込まれて
スクリーンショット

動物の折り紙になります。

「Create」をタップすると、撮影もしくはフォトライブラリから読み込んだ写真に折り紙を合成した画像を作れます。
スクリーンショット

iPhone 版独自のコンテンツも

自分の走る速度をジャガーと比較したり、飛び上がる高さをユキヒョウと比較できる(下図)機能など、iPad 版にはないコンテンツもいくつか含まれています。
スクリーンショット

World Wildlife Fund (WWF)」のシンボルにもなっているジャイアントパンダのほか、ゾウ、トラ、シロクマ、クジラなど16種類の野生動物のストーリーを収録しています。
スクリーンショット

「APPS FOR EARTH」キャンペーン

また、環境保護を考える4月22日のアースデイにあわせて Apple が実施している「APPS FOR EARTH」キャンペーンの対象となっており、App 内課金アイテム「the Earth story」を購入すると収益分すべてが「WWF」の地球環境保護活動に充てられます(※『WWF Together』自体は無料です)。
スクリーンショット

以下は、iPad 版のスクリーンショットです。
screenshot

iPad 版では、動物の折り紙の折り方を記した PDF も閲覧できます。
screenshot

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする