WeatherNotify 1.0 [Mac] – Mountain Lion の「通知センター」に現在地の天気情報を追加する、シンプルな天気情報アプリケーション

WeatherNotifyiOSの通知では天気情報を標準で提供しているのに、OS X 10.8 Mountain Lionの通知ではなぜかサポートしていません。

マックでも、通知やバナーで天気情報をチェックできると便利では?ということで、位置情報サービスとの組み合わせで、このアプリを作ってみました。

OS X Mountain Lionの「通知センター」に現在地の天気情報を追加するシンプルなアプリケーションです。

Download : WeatherNotify

使い方も簡単。

初回起動時に、現在地を特定するために OS X の位置情報サービスの利用を許可するダイアログが表示されるので、「OK」をクリックして『WeatherNotify』を起動しておくだけです。
screenshot

1時間ごとに自動的に天気情報を取得し、通知センターに掲載します。
screenshot

Dock のアイコンもその時の天気の状態に応じて変化します。また、メニューから「詳しい天気情報を表示する」を選択すると、ウィンドウに詳細な天気情報を表示します。
screenshotscreenshot

OS X Mountain Lionの新機能「Gatekeeper」に未対応なので、デフォルトの状態では『WeatherNotify』を開くことができません。

これを回避するには、システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」パネルの「一般」タブにある「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」で、「すべてのアプリケーションを許可」を選択するか(一度『WeatherNotify』を起動した後は、元の状態に戻してかまいません)、
screenshot

Finder で『WeatherNotify』を選択してコンテクストメニューから「開く」を選び、表示されるダイアログで「開く」をクリックします。
screenshot

Download : WeatherNotify
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする