Typic Pro 1.1 [iPhone] – フォント/デザイン素材/カラーを追加、数ステップで欧文フォントをレイアウトしたおしゃれな写真に加工できる

Typic Pro欧文デザインフォントをレイアウトしたおしゃれな写真に数ステップで加工できる iPhone アプリケーション

What’s New

  • 7 new beautiful and carefully selected fonts!
  • Drop shadow button to help you make your text stand out on lighter backgrounds!
  • 14 more great colors for your text!
  • 24 new cool design elements to make your Typics look even better!
  • 14 more colors for your design elements!
  • Opacity bar to control your design elements!
  • Bug fixes including full resolution saving.

数ステップで欧文デザインフォントをレイアウトした、おしゃれな写真に加工できる『Typic Pro』がアップデート。
screenshot

Download : Typic Pro (App Store)
サポート : Hi Mom – Apps

Typic Pro』を起動すると、画面上部にサンプル作品をランダムに表示するので、まずはカメラのアイコンをタップして新規に写真を撮影するか、フォトライブラリから加工する写真を読み込みます。
screenshot
使用する範囲を正方形で指定する必要があります。

レトロな雰囲気に変わるフィルターを5種類搭載。
screenshot

画面下部を左にスワイプし、「Caption」をタップするとテキストを入力できます。前バージョンからフォントが7種類増えて全28種類となり、テキストにはシャドーをつけられるようになっています。
screenshot

ドラッグしてテキストを好きな位置にレイアウトし、サイズの調整も可能。画面左上の「Caption」をタップして2つまでテキストをレイアウトでき、それぞれに異なるフォント・サイズ・シャドーの有無を指定できます。
screenshot

次の画面では、写真に白または黒のフレームと、ブラー効果をつけることができます。テキストカラーは、前バージョンの7色から増え、21種類から選択できるようになりました。テキストの透明度も個別に調整できます。
screenshot

次の画面では、デザイン素材を使用して写真全体を装飾したり、ラベルをレイアウトできます。こちらも種類が増えて、36種類に。右側の「More」で12種類ずつ表示します(使用できるのは1種類のみです)。
screenshot

デザイン素材のカラー選択は次の画面に移り、新規に透明度の調整機能も加わりました。
screenshot
最後の画面で、加工した写真をフル解像度で保存できるほか、メール/Twitter/Facebook で共有可能。『Instagram』アプリケーションに送ることもできます。

Download : Typic Pro (App Store)
サポート : Hi Mom – Apps

無料版の『Typic』もあります。

Download : Typic (App Store)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする