addLib U 1.1.1 [iPhone] – 新しいデザインを追加、簡単な操作で思い出の写真を使ったグラフィックマガジンを作成できる

addLib U簡単な操作で写真をグラフィックスタイルに加工し、オリジナルの一冊を作成する iPhone アプリケーション

What’s New (v.1.1.0)

  • 新しいデザインを追加しました。アプリをアップデート後、別途ダウンロードできます。
  • デザインを作り出すアルゴリズムがより良くなりました。
  • 日付フィールドに写真の撮影日が表示されるようになりました。
  • その他、バグ修正を行いました。

簡単な操作で思い出の写真を使ったグラフィックマガジンを作成できる、『addLib U』がアップデート。

v.1.1.0 で新しいデザインが追加されました。『addLib U』をアップデート後に、別途ダウンロードできるようになっています。

画面下部中央の「+」アイコンをタップするとカメラロールを開くので、グラフィックマガジンに用いる写真を選択します。最大4枚選択可能で、既存の写真ではなく、カメラのアイコンをタップしてその場で写真を撮影することもできます。
screenshot

選択した写真のサムネイルをタップすると、使用する写真の中心部分を指定できます。チェックマークのアイコンをタップすると、選択した写真を加工したおしゃれなグラフィックマガジンを自動で作成し、棚に並びます。
screenshot

作成されるのは表紙を含めて10ページのグラフィックマガジンで、スワイプでページをめくりながら閲覧できます。v.1.1.0 から、日付フィールドには、写真の撮影日が表示されるように変更されています。
screenshotscreenshot

ページをタップすると画面下部にアイコンを表示し、「T」アイコンをタップすると、レイアウトされる文字と日付を自由にカスタマイズできます。
screenshot
右側のアイコンをタップすると、表示中のページを1280*1920 ピクセルの解像度で保存するほか、Twitter などの SNS で共有可能です。

Instagram』アプリケーションに送る場合には、残念ながら正方形に使用する範囲を指定する必要があります。
screenshot
複数のグラフィックマガジンを作成可能。左側の「+」アイコンをタップすると、カメラロールからランダムに選んだ写真を使ってグラフィックマガジンを作成します。不要になった場合には、ゴミ箱のアイコンをタップすると「Delete」メニューを表示します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする