Postale 2.2.0 [iPhone] [iPad] – 「Gallery」に保存した絵葉書の再編集が可能に、旅先の消印を捺した絵葉書を簡単に作成できる

Postale想い出の写真からおしゃれな絵葉書を作成できる iPhone / iPad アプリケーション

What’s New

  • You can now send a REAL postcard right from Postale. Just choose the "Print & Ship" layout. Send a beautiful 4×6 postcard anyone in the United States for just $1.99 or to anyone in the world for just $2.99.
  • You can now edit the photo, title, and message of newly-created Postales in your gallery. Postales created with older versions of the app aren’t editable.

旅先などで撮影した想い出の写真を使って、おしゃれな絵葉書を簡単に作成できる『Postale』がアップデート。

Download : Postale (App Store)
サポート : 7twenty7

Postale』を起動したら、「Create」をタップして絵葉書のレイアウトとテーマを選択。有料ですが、「Print & Ship」を選択すると、本物の絵葉書にして世界中に送れるようになっています。
screenshot

テーマは6種類。アドオンでテーマを追加することも可能です。
screenshot

「Photo」をタップして、内蔵カメラで新規に撮影するか、フォトライブラリの写真を読み込んで絵葉書を編集。
screenshot

「Photo Filters」ボタンをタップすると、「エディター」画面に切り替わり、エフェクトをかけたり、明度/コントラスト/彩度を調整したり、簡単な写真編集をおこなえます。
screenshot
続いて、タイトルとメッセージを入力。タイトルとメッセージで異なるフォント・カラーを指定可能です。

次の画面で切手を選択すると、消印が捺された絵葉書ができあがり、メール・Facebook・Twitter で共有できます。
screenshot
新規に撮影/フォトライブラリから読み込んだ画像を使用して、オリジナルの切手を貼ることも可能。絵葉書の写真に GPS 情報がついている場合には、撮影地の消印が捺されます(GPS 情報がない場合には、現在地の消印になります)。

共有後、絵葉書を「Gallery」に保存できます。ホーム画面の「Gallery」をタップして保存した絵葉書を閲覧でき、「Map」タブに切り替えると、写真を撮影(あるいは絵葉書を作成)した場所をマップに表示します。
screenshotscreenshot
「Gallery」に保存した絵葉書は、アクションメニューからカメラロールに保存できます。本バージョンで絵葉書の再編集も可能になりました(以前のバージョンで保存した絵葉書については、残念ながら再編集できません)。

iPad にも対応しているユニバーサルアプリケーションです。
screenshot

Download : Postale (App Store)
サポート : 7twenty7
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする