Grafio 2.6 [iPhone] [iPad] – 図形の調整/ガイド表示機能を追加、図形認識機能を搭載し直感的にダイヤグラムを作成できる

Grafio図形認識機能を搭載し、直感的な操作でダイアグラムを作成できる iOS アプリケーション

What’s New

  • Performance Optimization
  • Handles for better resizing (one or two axis)
  • Groups
  • Saving Groups in User Library
  • Shape Snap and Guides
  • Tap to add/remove from selection
  • Store with New Shape Libraries
  • Box import
  • Export multiple documents from "Docs"

ひさしぶりの紹介です。

簡単な操作で直感的にダイヤグラムやマインドマップを作成できる『Grafio(旧称 iDesk)』がアップデート。
screenshot

Download : Grafio – Diagrams & ideas (App Store)
サポート : Grafio

図形認識機能を備え、キャンバスにおおまかに線を引くだけで、きれいな円、三角形、四角形などの図形を描けます。タップして選択した図形の右下に表示されるギアアイコン、もしくはツールバー中央部分をタップすると、図形のカラーを変えられます。
screenshotscreenshot

これまではピンチ操作で図形を拡大/縮小するのみでしたが、もう一度図形をタップするとポインタを表示し、ドラッグして調整できるようになりました。
screenshot

また、ツールバーの磁石のアイコンをアクティブにすると、図形を並べるのに便利なガイドを表示するようになっています。
screenshot

図形をダブルタップして、テキストの挿入も可能。
screenshot

フォトライブラリの画像をドラッグ&ドロップでキャンバスに置けるほか、ライブラリに納められた多種類の図形/イラストを使うこともできます。
screenshot

「Shape Store」が加わり、必要に応じて図形/イラストをアドオンで追加できます。
screenshot

本バージョンで、グループ化する複数の図形/画像を柔軟に選択できるようになりました。

選択ツールを使ってドラッグでおおまかに選択した後、グループ化しない項目をタップして選択解除。ホールドで表示するメニューの「Group」を選択すると選択した図形がグループ化され、まとめて移動/リサイズできます。
screenshotscreenshot

また、メニューの「Add」を選択し、選択した図形/グループ化した図形を「User Library」に追加することも可能です。
screenshot

手書きで線をひいて図形と図形を結ぶだけで、きれいなラインに変換されて接続し、線の種類や太さ・カラーなどをカスタマイズできます。

作成したダイヤグラムを JPEG フォーマットで保存できるほか、PDF / PNG / JPEG / Grafio フォーマットでメール送信、Dropbox へ送信、iTunes のファイル共有機能を使用して Mac / PC に取り出せます。
screenshot

編集したダイヤグラムは自動的に「Docs」画面に保存され、再編集も可能です。
screenshot

iPhone にも対応したユニバーサルアプリケーションです。

新規にダイヤグラムを作成するだけでなく、Dropbox に保存した「Grafio」ファイルや、iTunes のファイル共有機能で転送した「Grafio」ファイルをインポートして編集することも可能です。
screenshot

Download : Grafio – Diagrams & ideas (App Store)
サポート : Grafio
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする