ClamXav 2.5 [Mac] – 次期 OS X Mavericks にも対応、スケジュール機能も備える OS X 用の無料のウイルスチェッカー

ClamXavOS X 用の無料のウイルスチェッカー(フリーウェア Universal)

What’s New

  • Rewrote substantial portions to add new features and bring better stability
  • Can now move itself to applications folder upon first launch if not already there
  • Option to animate dock icon while scanning
  • Added “Reveal in Finder” to source list
  • Added ability to “put back” something which has been trashed/quarantined
  • Added ability to pause/resume scans
  • Scanning email with the quarantine setting ON should not move any files automatically
  • More useful summary text
  • Summary text now translated
  • Support for OS X 10.9 (Mavericks)
  • Corrections to French language localisation
  • Schedules will no longer crash if ClamAV engine not found

ひさしぶりの紹介です。

OS X 用の無料のウイルスチェッカー、『ClamXav』がアップデート。次期 OS X 10.9 Mavericks にも対応しているということです。

Download : ClamXav

ウイルスチェックするディレクトリを選択して「スキャンを開始」ボタンをクリック。スキャンが終了すると、サウンドで通知。ウイルスに感染したファイルが発見された場合には、感染リストに詳細情報が表示されます。
screenshot

また、任意のファイル/フォルダを『ClamXav』のアイコンにドラッグ&ドロップ、または「サービス」メニューで「ClamXav でスキャン」を選択して、ウイルスチェックすることもできます。

本バージョンで、ツールバーに「一時停止」ボタンが加わり、実行中のスキャンを一時停止/再開できるようになりました。
screenshot

環境設定の「一般」で、『ClamXav』起動時にウイルス定義を更新、『ClamXav』のアップデートを確認するように設定できます。

新しく加わった「Dock アイコンをアニメーション表示」にチェックを入れると、Dock のアイコンにスキャンの進捗状況が表示されます。
screenshotscreenshot

環境設定の「除外ファイル」で条件を設定し、特定の名称/拡張子の項目をスキャンの対象から外すことも可能です。
screenshot

スケジュール機能も備え、指定した時刻に自動的にウイルス定義を更新、指定したフォルダをスキャンします。
screenshot

バックグランドで動作する「ClamXav Sentry」に指定したフォルダを監視させることも可能です。
screenshot

「ClamXav Sentry」起動中はメニューバーにアイコンを表示し、ここから監視を一時的に停止/再開、スキャンを中止することができます。
screenshot

日本語ローカライズは、E-WA さん。

Download : ClamXav

Mac App Store にもありますが、「ClamXav Sentry」が搭載されていないなど、公式サイトからダウンロードできるものと一部異なる箇所があります。

Download : ClamXav (Mac App Store)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする