aLaunch 4.3.1 [Mac] – メニューバーのアイコンから登録した項目をすばやく開けるランチャー

aLaunchメニューバーからアクセスするランチャーアプリケーション

What’s New (v.4.3)

  • Fast launch メニューにアイコンバージョンを追加。
  • 環境設定を「Command」+Wで閉じれるようにしました。
  • 項目リストのアプリケーションを、deleteキーで削除出来るようになりました。

ひさしぶりの紹介です。

メニューバーに表示されるアイコンから登録した項目を開くランチャーアプリケーション、『aLaunch』がアップデート。v.4.3.0 から、Intel Mac 専用に変更されています。

Download : macTips

メニューバーの鉛筆のアイコンから環境設定ウインドウを開き、「項目リスト」パネルにアプリケーション/ファイルをドラッグ&ドロップして登録。

グループを作成したり、セパレータで分類することも可能です。
screenshot

設定が終わると、メニューバーのアイコンから選択した項目を開けます。「Command」キーを押しながらグループ名をクリックすると、登録した項目をすべて開きます。
screenshot

環境設定の「一般」パネルで「起動中のアプリ表示メニューを表示」にチェックを入れておくと、旧 Mac OS のように、メニューバーから起動中のアプリケーションの切り替えが可能に。
screenshot

「command」キーを押しながらクリックすると、選択したアプリケーションを終了できます。また、「command」キーを押しながら「起動中のアプリ」メニューをクリックすると、すべてのアプリケーションを隠せます。
screenshot

「ホットキー」パネルで設定をおこなっておけば、ホットキーでランチャーウインドウを呼び出せ、
screenshot

「tab」キー、もしくはカーソルキーで登録項目を選択後、「return」キーを押すと開けます。ファイルのドラッグ&ドロップにも対応しています。
screenshot

Download : macTips

Wi-Fi ネットワークに接続した iPhone / iPod touch から、Mac の『aLaunch』を操作できる『aLaunchController』もあります。

Download : aLaunchController (App Store)