夜フクロウ 2.09 [Mac]

夜フクロウフィルタから抽出タブを作成できる Twitter クライアントアプリケーション(フリーウェア Intel、Leopard 用は Universal)

What’s New
v.2.09

  • イメージサービスのTwitPicをサポートした
  • 短縮URLを展開する機能を使うと対象サーバーに負担をかけすぎるバグを修正
  • 展開出来る短縮URLサービスを追加
  • キーチェーンが壊れている場合のフォールバックを実装

v.2.08

  • 非公式Retweetの規制を完全に排除
  • 140文字以上のツイートを投稿出来なくした

Twitter クライアントアプリケーション、『夜フクロウ』がアップデート。Mac OS X 10.5 Leopard 用には v.1.29 がダウンロードできます。

v.2.07 で画像のアップロード先が yfrog に変更されましたが、本バージョンで TwitPic へのアップロードが復活しています。お好みでどうぞ。
screenshot

ツイートの入力フィールドに画像をドラッグ&ドロップするだけで、コメントをつけて簡単に画像を投稿可能。
screenshotscreenshot

TwitPic など『夜フクロウ』がサポートしている画像共有サイトへのリンクがツイートに含まれている場合には、アップロードされた画像のサムネイルをドロワーに表示。
screenshot

リンクもしくはサムネイルをクリックすると、クイックルックのようなパネルに画像を大きく表示し、クリックすると Web ブラウザで投稿先のページを開きます。
screenshot

個人的にお気に入りなのは、抽出タブ機能。「ツール」メニューの「タブ設定」から、ユーザー ID、キーワード、正規表現を使用して、条件に合致するツイートのみを抽出したオリジナルのタブを作成できます。
screenshot
同様に、ユーザー ID、キーワード、正規表現を使用して、条件に合致するツイートを表示しないようにする「ブロッキング設定」もあります。

v.2.07 で Twitter リストにも対応し、タブ設定で「Twitterリストタブ」も作成できるようになりました。
screenshot

そのほか、「Command + Enter」キーで選択したユーザとツイート中に含まれるユーザにリプライできる「全員へリプライ」機能や、「@」「D」「#」を入力すると、リプライ/ダイレクトメッセージを送るユーザ、ハッシュタグを絞り込めるオートコンプリート機能、
screenshot

検索バーを使ったタイムラインの検索機能、
screenshot

ツールバーのフィルタボタンで選択したユーザのツイートのみを表示したり、「In-reply-to」タグを辿って会話の流れを多段 RT よりもわかりやすく表示する機能を備えています。
screenshot

短縮 URL を自動的に展開する機能も追加されています。
screenshot

About
Tom

Tom Cookです♪ ネバーランド生まれ。ネバーランド王立大学文学部史学科(日本昭和芸能史専攻)卒業後、二十歳のネバーランドの王子さま☆として活躍。現在はこりん星で療養中。

Tomをフォローする
App レビュー Mac SNS
スポンサーリンク
Tomをフォローする
life with i